« 烏賊のパッカパオ | トップページ | 焼ビーフンのタイ味 »

2010年3月 5日 (金)

アナゴとズッキーニ

P1130985pct13

出先からヌチャナートが電話を掛けてきた。
「冷凍庫のアナゴを出しておいてね。帰ったら、料理するから」
帰宅したヌチャナートはアナゴと一緒に調理する野菜も買って来た。
買った野菜の中にズッキーニが入っている。
ズッキーニなんてタイの市場で見たことがない。
「この野菜、タイにあるかい?」ズッキーニを手にとって聞いた。
「ないわよ」
「これをタイ語ではなんと呼んでいるんだい?」
「知らないわ!瓜でしょ!」
「・・・・・」
ズッキーニは瓜の一種に間違いはない。
食は保守的で見慣れないもの、食いなれないものは買ってこない
ものだ。それを「これは瓜だから」と言ってアナゴと一緒に調理する
のは、日本人の発想の限界を超えている。
ズッキーニの他に苦瓜も加えている。
出来上がったのがこんな料理だ。
これをヌチャナートはラオス料理だという。
ちょっと待ってくれ!アナゴは海の魚だ。
ラオスには海がない。海がないからアナゴは取れない。
それなのにアナゴを使った料理をラオス料理と呼ぶのは詐称だ。
アナゴもウナギも見かけは似ている。
ヌチャナートはどちらもプララーイと呼んでおり、区別しない。
多分、ラオスではアナゴでなくてウナギを使ってこんな料理を作る
のだろう。

アナゴとズッキーニの組合せなんて想像できない日本人は気持ち悪
いと思うだろう。食ってみるとズッキーニも苦瓜も柔らかく煮えてよい
味になっている。もともと柔らかな肉のアナゴにラオス料理の香りが
染込んでいる。
日本人がラオス料理を食べるのを見てヌチャナートは笑う。
ヌチャナートは日本人はこんな料理を食べないだろうと思っていたようだ。

2010/3/4

|

« 烏賊のパッカパオ | トップページ | 焼ビーフンのタイ味 »

コメント

BKKではズッキーニ手に入るので
使いますよぉ~
แกงเลียง とか

これは美味しそうですねぇ~
近々作ってみます♪

投稿: adaprio | 2010年3月 6日 (土) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/33641539

この記事へのトラックバック一覧です: アナゴとズッキーニ:

« 烏賊のパッカパオ | トップページ | 焼ビーフンのタイ味 »