« 年寄りと唐辛子 | トップページ | 烏賊のパッカパオ »

2010年3月 5日 (金)

香りの違いと偏見

何処の国の料理でも独特な香りがある。
俺たちにお馴染みの外国料理の香りと言えば何と言ってもインド
カレーの香りだ。インドカレーを俺たちに食わせても、インド南部と
インド北部の香りの違いがわからない。みんなおんなじカレーの
香りだ。
タイ料理でも同じで、バンコックの香りと東北部の香りは日本人に
はおんなじタイの香りだ

インド人がやっているインドカレーの店の前を通った。
カレーのにおいが漂ってくる。
その時、カレーの香りはスパイスの香りなんだと気づいた。
ウチで食べているタイ料理はハーブの香りだ。
もちろんタイ料理でもスパイスは使うが、香りはハーブの方が強い。

料理の好みは味より香りで決まることが多い。
タイ人はインドカレーの香りが嫌いだ。
それは普段馴染んでいるハーブの香りではなくてスパイスの香り
だからか?

タイ人は白い肌を好む。肌が黒いインド人はタイ人の好みではな
い。色が黒い人が作る料理の香りは悪い香りになるのかな?
カレーの香りを色で表せばタイ人は黒い香りというのかな?
日本人なら、黄色い香りと言うだろう。
タイ人のカレーの香り
嫌いは偏見から来ていると思うな。

2010/3/10

|

« 年寄りと唐辛子 | トップページ | 烏賊のパッカパオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/33641290

この記事へのトラックバック一覧です: 香りの違いと偏見:

« 年寄りと唐辛子 | トップページ | 烏賊のパッカパオ »