« 鯖のタイ風唐揚 | トップページ | 食物と健康広告4160 »

2010年4月15日 (木)

馬肉大和煮缶詰とタイ人

P1140263pct13

何処で何時こんな缶詰を手に入れたのか忘れた。
買った目的は覚えている。馬肉なんて食わないタイ人にこれを食わせて、
食った後にあれは馬肉だと教えてどんな反応をするか見たかった。
意地悪な実験のために馬肉大和煮缶詰を買った。

食卓に馬肉の缶詰をだしておいた。
「あたし、これ食べるわ」しめしめ。作戦が成功したので内心ほくそ笑んだ。
牛肉や鯨の大和煮の缶詰は以前にも食べている。缶をあけただけでどんな
味付けなのか想像できたようだ。
「これって甘いんでしょ?」
「うん、そうだね」
レモンを取り出してレモン汁をかけている。なるほど、これは美味そうだな。
赤い小さなプリッキヌーという辛い唐辛子も入れた。やっぱり唐辛子がない
とダメなんだな。ベランダの薄荷を取ってきて加えた。なるほど彩りも香り
もよさそうだ。

「これなんの肉なの?」どきっ!馬肉だなんて言ったなら絶対に手をつけ
ない。聞こえない、分からない振りをして黙っていた。
ヌチャナートは肉を摘んだ。そして食べた。
「あら、美味しいわよ。食べて御覧なさいよ!」
「うん、なるほど美味しいね」少しだけ食べた。
実際、美味い。日本人は大和煮をこのように調理しない。
たいてい、缶を開けてそのまま食うだけだ。
タイ人は大和煮をこのように食うのだ。この食い方は日本人より優れて
いる。
「この味はタイ人に受けるかな?」
「そうね、大丈夫だと思うわ」
ヌチャナートは馬肉の缶詰を食べてしまった。
あとで「あの肉は馬だよ」と教える。
その時の反応が楽しみだ。イヒヒヒヒ・・・・・。

2010/4/15

|

« 鯖のタイ風唐揚 | トップページ | 食物と健康広告4160 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34237687

この記事へのトラックバック一覧です: 馬肉大和煮缶詰とタイ人:

« 鯖のタイ風唐揚 | トップページ | 食物と健康広告4160 »