« かけうどんをタイ人が | トップページ | 料理の名前 »

2010年4月18日 (日)

ホタテに唐辛子

P1140267pct13

ホタテを焼いた。日本人はこれに醤油をたらして食べる。ヌチャナートは醤油
がいるか聞く。俺は要らないと答えた。タイ風に食べてみたかった。タイ風の
食べ方と言っても特別な食べ方はない。醤油の代わりに唐辛子ソースを使う
だけだ。
「サミイはタイ人みたいな食べ方をするのね」
魚や貝はそれほど好きではないから、ワタの部分は苦手なんだ。
ワタをヌチャナートの皿に入れると、食べる所はほんの少しだ。
肉と違って脂がなくてあっさりしているから、唐辛子の味が直接きいてくる。
「ホタテがもつ甘味を殺して食べるとは、なんてもったいない食べ方をする
のだ」と日本人は思うだろうな。
でもタイ人にすれば、辛味のない味なんて美味しくないのだろう。

ホタテを食いながらタイの貝を思い出した。
俺が観察した所ではこんな大きな貝はタイにはないからヌチャナートには
面白いらしい。タイで俺が見た大きな貝は牡蠣とムール貝だ。
牡蠣は日本で見るのと同じ大きさだ。レストランではそれにレモンをかけて
食べる。でもなー、海岸から遠く離れた地域までどうやって運んでいるのだ?
他の商品の流通状態を見ると生牡蠣は安全なのだろうかと心配になる。

日本人が行くレストランではそこそこの大きさのムール貝がでるが、庶民が
住む村に売りにくるムール貝は小さくて食べる所が少ない。
赤貝をよく食べているが、これもほぼ生の状態で食べている。
赤い汁が出てくるので、俺には気味が悪いがタイ人は美味しそうに食べる。
アサリのような貝は炒めて食べている。これはちゃんと熱が通っているので
俺も食べる。

2010/4/16

|

« かけうどんをタイ人が | トップページ | 料理の名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34279332

この記事へのトラックバック一覧です: ホタテに唐辛子:

« かけうどんをタイ人が | トップページ | 料理の名前 »