« タイのヤキソバ | トップページ | 連食に耐える »

2010年4月 7日 (水)

国際交流食

P1140163pct13

菜の花を茹でていた。その隣に味噌、砂糖などを入れた器があった。
俺は菜の花でタイ料理を作るのだと思っているから、味噌を何に使うのか
見当がつかなかった。更に味噌に練りわさびを加えている。
茹で上げた菜の花と味噌を俺の前に持ってきた。
「これを混ぜてちょうだい」
俺はまだ熱い菜の花と味噌を混ぜた。
わさびが菜の花に温められ、刺激的なにおいがでる。
くしゃみをしそうになる。
「味をみてよ。どう?」
とくに美味いという味ではないが、不味くもない。
「食えるよ」
ヌチャナートが味見をして、「これは美味しい」と感激したように言う。
どうやら日本人とタイ人の感性の違い、あるいは個人的な感性の違いと
思われる。
「この味って、タイ人好みかな?」
「そうね、タイ人は好きだと思うわ」
こんな味はタイにはない。初めて接する味だが、ヌチャナートによるとタイ人
はこの味を受け入れるようだ。

その昔、国際交流会に出席したことがある。
そこで日本の女子大生がタイの焼そばというのを売っていた。
食うとタイの味より、日本の味に近かった。
「これ、日本の焼そばの味だね」
「ええ、日本風にアレンジしました。」
ある国の味が別の国に入ると、そこで味が進化、変化する。
いわば味の国際交流だ。
今日の菜の花の味噌和えは国際交流食だな。

2010/4/6

|

« タイのヤキソバ | トップページ | 連食に耐える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34116566

この記事へのトラックバック一覧です: 国際交流食:

« タイのヤキソバ | トップページ | 連食に耐える »