« 重量検定 | トップページ | 野鼠の黒焼き »

2010年5月29日 (土)

梅の塩漬と飯

P1150696pct13

梅の塩漬けがデパートに売っていた。バーコードから見るとタイなのだが、
これは販売会社がタイであるということだろう。タイの北部の山中に梅は
なっているのか?多分、中国からの輸入品をタイで包装し直して売ってい
ると推定している。
P1150697pct13

食べてみると塩漬けの梅の味と香りがする。
これを干せば梅干になる。日本から輸入した梅干は高いがこの梅の塩漬
けを乾燥させればタイで自家製の梅干ができるなと一人でほくそ笑んだ。
これが梅だとわかっているが、タイの家族は食べようとしない。
汗をかいて塩分不足になったとき、これを一粒食べるとよい。

この一粒を炊いた飯の上に乗せておくと、飯が腐らないと教えてもタイ人
はやろうとしない。食べ残った飯はすぐに腐る。米なんてタイでは安い
ものだからだろうか?タイ人は腐った飯を簡単に捨ててしまう。
日本では米には神が宿っていると考え、米を大切にする。
竹筒に入れた米粒の音を聞かせると病気が治ると言う信仰まである。
「お百姓さんの苦労を考え、大切にご飯を食べなくてはいけません」
と学校で教える。そのくらい、日本人は米を大切にする。
それに比べてタイ人は米を大切にしない。飯が捨てられているのを見る
といつもため息がでる。

2010/5/15

|

« 重量検定 | トップページ | 野鼠の黒焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34930565

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の塩漬と飯:

« 重量検定 | トップページ | 野鼠の黒焼き »