« 青空美容院 | トップページ | ワットパクロイの地獄図 »

2010年5月30日 (日)

化物寺にバスで

ワットパーラクロイというのは俺が化け物寺と呼んでいる寺だ。
この種の寺はタイには幾つもある。その全てを回って詳細に報告している
サイトがあるから、興味がある人はそちらを見てください。
化け物がでるのではなくて地獄の様子を人形を使って、善行をつまない
と地獄でこんな目にあいますよと教えている仏教教育の場なんだ。
その人形が面白いと言えば面白い、滑稽と言えば滑稽、怖ろしいと言え
ば怖ろしい。この寺に行くには車がないとちょっと不便だ。
それはわかっていたが、あえて公共交通機関を使って行ってみた。

まずナコンラーチャシーマのはずれにある新バスターミル行く。
第二バスターミナルと書いてあるガイドブックもある。タイ語でボコソマイだ。

新バスターミナルでノンタイ経由のバスに乗る。車掌や周囲の乗客に
「ノンタイに着いたら教えてくれるよう」頼んでおく。
なにしろ小さな町なので、教えてもらわないとわからない。
「ノンタイだ。ここで降りろ」と教えられた場所はバスの一時停車場所と勘違
いするような小さなターミナルだ。
俺だって教えられて降りたが、はたして其処がノンタイなのかどうか確信
がない。信用して降りただけだ。走った時間、距離からしてノンタイに
間違いなさそうだ。
こちらが下り方向のバスターミナルだ。俺を降ろしたバスは走り去る。
P1140919pct13

ワットパーラクロイはノンタイの手前数キロの所にある。
親切な乗客が「ワットパーラクロイに行くなら、ここで降りた方が近いよ」
なんて教えてくれるかもしれない。でも絶対に寺に近い場所でバスを降りて
はいけない。これだけは強調しておく。
国道から寺まで2キロ以上離れており、国道から寺まで交通手段が全くない。
もちろん、人通りなんて皆無だ。30分も歩けばいいだろうが、タイ人でも危険
だと言ってこんな人通りのない道を歩かない。
ノンタイでバスを降りたら、モトサイに「ワットパーラクロイ」と言うと60バーツ
ほどで交渉が成立する。モトサイは今来た道を逆走する。
小さい町だからモトサイで一分も走れば町を通り抜ける。
P1140922pct13


町を抜けるとこんな光景が続く。
P1140923pct13


「ワットパーラクロイ」とタイ語で書いた大きな看板があるので、そこを右折
する。この看板は上り方向からしか見えない。

P1140992pct13

寺に続く道と国道の接点はこんな場所だ。淋しい道でしょ。
だから、ここでバスを降りてはいけないと言ったのがわかるでしょ。
P1140993pct13


P1140994pct13

国道からわき道に入ると所々に「ワットパーラクロイ」とタイ語で書いた看板
が立っている。同じ色と雰囲気の看板だからタイ語が読めなくとも目的地に
向かっていることがわかる。
P1140926pct13

地獄の様子を堪能したら、帰らなくてはいけないが、交通手段がないのは
計算済みだ。この村の中にバイクを持っている人がいるから、その人と
交渉するつもりで寺を出た。寺の外には屋台が出ている。
俺がきょろきょしながら通り過ぎると、屋台の女が声をかけてきた。
「モトサイ?」
「ええ」
女は大きな声で近所の人を呼んだ。
「ナントカ(人の名前)!モトサイの客だよ!」
呼ばれた男はバイクでやってきた。
「何処へ行くの?」
「ノンタイからコラートへ行くんだ」コラートはナコンラーチャシーマの別称だ。
モトサイの値段は60バーツだった。
上りのバスターミナルと下りのバスターミナルは少し離れた所にある。
P1140924pct13


来た時に降りたバスターミナルから見て国道の反対側にこれまた小さな
バスターミナルがある。緑の垂れ下がったというか半分壊れかかった日除
けがある所がバスターミナルだ。ここで切符を買い、バスを待てば良い。
帰りは終点だから気楽だ。眠っていても大丈夫。

こんな田舎だと、全く英語は通じずタイ語だけだ。
寺に行くには国道を疾走し、誰もいない畑の中の道を走り抜けなくては
いけないから、タイ語がわからず、一人ぼっちだと心細いかもしれないが
寺に着くと楽しい。この話をすると近所のタイ人は呆気にとられる。
タイ人でもこんなことはやらない。
この寺に関する記事をウエブで散見するが、大抵、車で行くことを前提
にしている。公共交通機関を使っても「ワットパーラクロイ」に行けるという
やらなくても良い体験談でした。

2010/5/5

|

« 青空美容院 | トップページ | ワットパクロイの地獄図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34948691

この記事へのトラックバック一覧です: 化物寺にバスで:

« 青空美容院 | トップページ | ワットパクロイの地獄図 »