« トクトクの唐草模様 | トップページ | 急ブレーキ »

2010年5月26日 (水)

ポテトチップスの袋

P1150869pct13

コンビニに入った。とくに何を買うという目的もない。ポテトチップスの袋が
目に入った。毎日三食、タイ料理ばかりだ。ポテトチップスの袋が目に入る
と食いたくなった。
この暑さの中でポテトチップスを食ったなら喉が乾く。水も一緒に買い求
めた。さっそくポテトチップスを食べた。
食べ終わり、空になった袋をごみ箱に捨てようとした。
「待てよ、この袋はリサイクルになるかもしれない」
空袋なんて持っていても軽いから邪魔にならない。
空瓶、空き缶、ペットボトル殆どの塵芥をタイではリサイクルできる。
道路脇のごみ箱からそんな塵芥を集めて生活できる位の金を得ることが
できる。ポテトチップスの袋もリサイクルできるかも知れないから持ち帰る
ことにした。持ち帰ると決めて袋をしみじみ眺めた。
すると袋が日本の袋に比べて厚いのに気づいた。
アルミやポリエチレンなどを数層にラミネートした包装材料だ。
一年中、気温が高い国だ。それにタイの人々は食品の保存について
知識が低い。日差しが照りつけている中に油を多く含んだポテトチップス
を置き放しにすることなんて普通のことだ。こんなことをするから食品が
すぐに傷む。
脂が酸化して問題が起きると食品会社の責任にされる。
問題を起こしたくないから食品会社は安全性の高い包装材料を使うこと
になる。

ポテトチップスの袋をリサイクルしようとして面白いことに気づいてしまった。

2010/5/7

|

« トクトクの唐草模様 | トップページ | 急ブレーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34892914

この記事へのトラックバック一覧です: ポテトチップスの袋:

« トクトクの唐草模様 | トップページ | 急ブレーキ »