« 薩摩藩の屋敷か | トップページ | 雨に備える »

2010年5月27日 (木)

破壊された味覚

辛くない料理もタイにはあるが、多くの料理は辛い。
昔は何を食っても辛かった。
毎日、ヌチャナートの料理を食っているうちに辛さに慣れてしまった。

タイの屋台やフードセンターなどで庶民が食べる物を食べている。
すると辛みが不足していて不味いものがある。
昔はそれでも辛かったはずだ。
今は辛みを求めて自分から唐辛子を加えている。
俺が持っていた日本人の味覚は完全に破壊されたようだ。

2010/5/7

|

« 薩摩藩の屋敷か | トップページ | 雨に備える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34907296

この記事へのトラックバック一覧です: 破壊された味覚:

« 薩摩藩の屋敷か | トップページ | 雨に備える »