« 日本人だと見て | トップページ | ハーブの苗とタイ人 »

2010年6月17日 (木)

パッカパオガイ 鶏の辛味炒め

P1160065pct13

写真を見ると屋台で食うような飯だと感じるだろうな。うん、確かに
俺もそう思う。毎日が、タイ料理でしょ。食い飽きない料理を食って
いると、こんな形の料理に落ち着いてしまう。
宴会ならトムヤンクン、トムカーガイ、ガイピンとかいろいろな料理
を食べるけど、毎日の食事となるとそんなもんは飽きちゃう。
和食だって同じだと思うな。
毎日、刺身がでてくると「もう生魚はいらない!」となる。
ご馳走と言われる料理はすぐに飽きるが、素朴な料理は飽きがこ
ない。

屋台やフードコートなどで出しているタイ料理が飽きが来ない料理
なんだ。飽きが来ないというのは料理の大切な要素だ。

2010/6/16

|

« 日本人だと見て | トップページ | ハーブの苗とタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35314985

この記事へのトラックバック一覧です: パッカパオガイ 鶏の辛味炒め:

« 日本人だと見て | トップページ | ハーブの苗とタイ人 »