« 出された料理 | トップページ | 日本人だと見て »

2010年6月16日 (水)

辛味は痛み

辛い物が苦手の人はこの料理が辛いかどうか、食べる前に聞いた方がい
い。タイ人に「辛いか?」と聞くと「辛くない」と言うので食ったら辛かったなん
て話が多い。一回の料理に唐辛子を10本も食べるタイ人にとって、唐辛子
が二本しか入っていない料理は辛くない。
唐辛子が二本も入った料理は日本人には激辛だ。

あるウエブに辛いかどうかの質問の仕方のコツがあった。
「子供が食べられるか?」と聞くのがコツだそうだ。なるほど。
子供でも食べられる辛さなら、日本人には辛いか、丁度良い辛さだろう。

いくらタイの子供だって最初から辛い物を食っていたのではない。自然に
辛い物に慣れていく。

辛味という味はないそうだ。唐辛子の辛味は痛みなんだそうだ。
言われて見れば、唐辛子を食った時の口の中が燃えるような熱さは、痛み
かもしれない。熱いのなら、水を飲んで冷やせばいい。
熱いからと言って水を飲んでもあの痛みは治らない。
タイ料理を食っているうちに、痛みに鈍感になる。
俺も鈍感になり、一番辛いプリッキヌーなんて唐辛子を生で食っている。
それを美味いと思って食うようになっている。
こうなると「口の中が火事になった!」という感覚がなくなってしまう。

2010/6/16

|

« 出された料理 | トップページ | 日本人だと見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35301191

この記事へのトラックバック一覧です: 辛味は痛み:

« 出された料理 | トップページ | 日本人だと見て »