« スラナリの戦い | トップページ | パットメーコラート »

2010年6月 8日 (火)

ドリアンの香り漂う

濃厚だと悪臭なのだが、それを薄めると芳香になる物質がある。

バスは小さな果物市場の脇を走る。色とりどりの熱帯の果物が山積みに
されている。果物の香りが漂ってきた。
甘ったるい美味しそうな香りだった。
「いい香りだ」俺は果物の芳香に酔っていた。
「ドリアンの香りよ」
ヌチャナートはこともなげに言うので俺は驚いた。
「あれっ?ドリアンってこんな芳香だったのか?」
確かに特徴あるドリアンの香りだ。

ドリアンの香りは強くて、好きな人は大好き、嫌いな人は大嫌いな香りだ。
俺はどっちだろう。好きでも嫌いでもない。嫌いに傾くかなという程度の
好みだ。果物市場にはドリアンが山積みにされているから、傍では強烈な
においがしているはずだ。その強いにおいのため、ドリアンの持ち込みを
禁止しているホテルもある。

市場の露店の周辺では強いにおいも、走っているバスの中でドリアンの
においを嗅ぐと芳香になってしまう。
強烈なにおいも薄めると芳香になるのは本当だとつくづく感じた。

2010年5月

|

« スラナリの戦い | トップページ | パットメーコラート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35134178

この記事へのトラックバック一覧です: ドリアンの香り漂う:

« スラナリの戦い | トップページ | パットメーコラート »