« パットメーコラート | トップページ | 市場の鶉 »

2010年6月 8日 (火)

水の値段

この熱帯の国では飲み水がなくてはやっていけない。
一日、外にいると最低500MLのペットボトル二本の水を買う。とにかく汗を
かくから水を補給しないと体がまいっちゃう。
水道の水は洗濯掃除用で飲まない。飲み水は買うことになっている。
家庭では20リットルのタンクで飲み水を買い、それを調理や飲み水に使う。

出かける時は、出先でペットボトルの水を買う。屋台であろうとコンビニで
あろうが、飲み水は冷たく冷やされている。屋台で飲み水を買うとだいたい
500ミリリットルのペットボトルで10バーツだ。
これをコンビニで買うと5から7バーツだ。日本で言えばキリンとかアサヒと
言った有名銘柄の飲み水は当然のように値段が高い。有名銘柄品はうま
いのか?いちいち味を比べたことがない。どんなブランドの物でも冷たけれ
ばうまいが、温まったものは飲む気がしない。

有名銘柄の飲み水はちゃんと衛生検査と品質管理がなされているから
安心だ。地方ブランドの水はどこまで検査されているかわからない。

コンビニだと水の種類を選べる。安いからと言って腹をこわしたことがない。
ショーケースの手前にあるものを飲んでいる。
屋台だとどのブランドの水がでてくるかわからない。
保温カバーをつけておくと長いこと冷たい水を飲める。
日本ではあまり保温カバーの有り難味を感じないが、タイでは有り難いと思う。

2010/5/7

|

« パットメーコラート | トップページ | 市場の鶉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35134525

この記事へのトラックバック一覧です: 水の値段:

« パットメーコラート | トップページ | 市場の鶉 »