« 辛味は痛み | トップページ | パッカパオガイ 鶏の辛味炒め »

2010年6月16日 (水)

日本人だと見て

俺が日本人だと見て料理人は質問する。
「辛味はどうします?辛くします?」
「辛くしてくれ」なんて言うとタイ人の感覚で辛くしてくれる。これは辛い!
「辛くないの」というとなんとなく間が抜けた味の料理がでてくる。
だから「普通が良いな」と答えることにしている。
普通と言うのは、タイ人が見て普通の辛さだ。
料理人は「普通の辛さで本当にいいのか?」と心配そうな顔をして俺の顔
を覗き込む。普通の辛さで料理をだすと多くの日本人は悲鳴をあげるのを、
料理人は知っている。
俺が表情を変えないので、納得して普通の辛さの料理を作る。
そうすると、毎日ウチで食べているのと同じような辛さの料理が出てくる。

2010/6/16

|

« 辛味は痛み | トップページ | パッカパオガイ 鶏の辛味炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35301231

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人だと見て:

« 辛味は痛み | トップページ | パッカパオガイ 鶏の辛味炒め »