« ドリアンと甘い料理 | トップページ | 道具とタイ人 »

2010年6月 2日 (水)

タイの携帯電話

携帯電話が普及している。安いものは新品で2500円位で買える。
連絡用だから、一番安い携帯電話をかった。
カメラやMP3はついていないがFM放送は聞けるしゲームもできる。
言語はタイ語、英語、インドネシア語、ベトナム語が選択できたと思った。

それにSIMを50バーツで買い、滞在期間と使う頻度にもよるが100バーツ
程のプリペードカードを買う。3000円ほどで全てが整い、その場で電話を
かけられる。安いSIMは利用できる期間が短い。
空港の到着ロビーには50バーツのSIMはない。190バーツだったと思う。
空港で働く人々が利用するコンビニが空港の何処かにあるはずだ。
そんなコンビニに行けば安いSIMとプリペードカードが手に入る。
設定は店の人がやってくれる。

タイから日本に電話したいなら、CAT電話局に行って、300バーツの国際電話
カードを買う。カードも何種類かある。一番安い300バーツのカードで日本まで
2時間ほど電話をかけられる。
インターネット電話だから一度で繋がらない場合がある。
何回か繰り返すと必ず繋がる。以前はそんなことなく、一度で繋がった。
回線事情が変わったのだろう。

このカードの使い方は簡単だ。
1 まず1544とダイアルする
2 次は言語の選択だがカードには書いてないが4を押すと日本語になる。
3 カードを削って出てきたPINコードを押してから#を押す
4 009+国番号+0を除いた市外番号+電話番号で繋がる

日本語が使えないからメモ機能なんてあっても使わない。
幾ら英語が得意でも携帯電話に英語で文字を入力するには熟練がいる。
それに電話機の種類によって大文字小文字の入力の仕方が違う。
記号を入力するには・・・・・。
買った電話機の使い方を英語でちゃんと説明できるタイ人はいないから
全て自分でマスターする必要がある。
安い電話は機能が少ないから、ちょっといじれば分かるからそれほど心配
する必要はない。

英語とタイ語しか使えないのだと思ったら、簡体漢字でメールを送受信
できる。簡体漢字の入力は面白い。漢字の中国語音を知らないと漢字
を見つけるのが難しい。
ああでもない、こうでもないと探っているうちに目的の漢字が見つかる。

2010/5/10

|

« ドリアンと甘い料理 | トップページ | 道具とタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35014553

この記事へのトラックバック一覧です: タイの携帯電話:

« ドリアンと甘い料理 | トップページ | 道具とタイ人 »