« 唐辛子を靴下に入れる | トップページ | 完熟した白瓜 »

2010年6月20日 (日)

白瓜をタイ料理に

ウチの近辺ではあまり白瓜をみかけない。当地の好みではないのかもしれ
ない。俺が子供の頃、これを糠漬けにした。
白瓜の姿は胡瓜そっくりだから、胡瓜のシャキシャキとした感触を期待して
いた。糠漬の白瓜はぐしゃっとしたので美味しいとは思わなかった。
だから、白瓜の漬物は食いたくなかった。そのくせ奈良漬の白瓜は好き
だった。甘いからだろうか?酒の香りが好きだったのか?
とにかく奈良漬は美味いと思った。
子供の頃の感覚が残っているため、白瓜の漬物は今でも好まない。

近所の店で白瓜があった。
「ねぇー、サミイ!これ好きでしょ?」
何時だったか、白瓜を使ったタイ料理を作ってくれたのを思い出した。
白瓜を煮るとこんな味になるのかと驚いた。軟らかく煮えた白瓜は漬物と
は違った美味さがある。どんな料理だったのか思い出せないが、美味し
かったことだけは覚えている。

P1160072pct13


「白瓜を食べるでしょ?」
「うん」
以前、食べたようなタイ料理が出てくるのを期待した。
同じものがでたのかどうか分からないが、見た目はタイ料理だ。
写真をとってから気づいたのだが、赤い唐辛子が目立つ。
恐らく以前は、唐辛子がまず目に入って「おお、辛そう!」と警戒と覚悟をし
た。無意識のうちに「唐辛子が沢山入った、タイ料理を食うぞ!」と構えて
から飯を食い始めていた。
今じゃ、これが当たり前と言わんばかりに何も考えずに食い始めている。
唐辛子が刺激となって食欲を進めてくれる。
どの位、唐辛子が入っているかなんて考えもしない。
これが当たり前のタイ料理だからだ。

2010/6/19

|

« 唐辛子を靴下に入れる | トップページ | 完熟した白瓜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35371725

この記事へのトラックバック一覧です: 白瓜をタイ料理に:

« 唐辛子を靴下に入れる | トップページ | 完熟した白瓜 »