« なすの広告 | トップページ | ナムトク タイ風牛たたき »

2010年7月 2日 (金)

カオパットとゴミ箱

ご飯が少しだけ残っていた。一人前にも少々足りない。
カノムチンが一人前ある。ヌチャナートはカノムチンを食べる。
こんな場合、新にご飯を炊くのは面倒だ。
「どうしようかしら?カオパットでいい?」
「そうだな、カオパットにしよう」
俺は残飯で作るカオパットを、ヌチャナートはカノムチンを食べることで中途
半端に残っていた食べ物が綺麗に片付く。

カオパットが出来てきた。俺は黙ってカオパットを食べていた。
「美味しい?」
「うん。・・・・・」
「貴方って何でも美味しいと言って食べてくれるのね」
「・・・・・」
俺には美味いのだ。この味に馴らされているのも事実だ。
「俺はゴミ箱みたいだな」
「アハハハ・・・・。そうね、ゴミ箱みたい」

2010/6/7

|

« なすの広告 | トップページ | ナムトク タイ風牛たたき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35610081

この記事へのトラックバック一覧です: カオパットとゴミ箱:

« なすの広告 | トップページ | ナムトク タイ風牛たたき »