« タイのゆで卵 | トップページ | タイ人の買物考 »

2010年7月 1日 (木)

パッカパオガイ 鶏のタイ風炒め物

P1160181pct13

今日は鶏肉だ。ウチの蛋白源は鶏、豚、牛と魚だ。
独特なにおいがあるモツはあまり好きじゃない。
いわゆる赤肉と言われる部分だけを食べていると、味の単調さで飽きがく
る。
その点、魚は種類ごとに味が違い、肉の色や歯応え・・・・などが違う。
姿・形だっていろいろある。
俺は魚をあまり好まないが、魚が好きだという人の気持ちは分かる。

「この鶏、どうやって食べる?」
「・・・・・」
「煮る?炒める?」
「炒めよう」
揚物にするとカロリーが高くなる。炒め物の方がカロリーが低いであろう。
「辛くするわよ。いい?生の唐辛子があるから美味しいわよ。」
「ああ、いいよ」
辛いとか辛くないとか味を決めるのに、普段はいちいち唐辛子の数なんて
数えない。
感覚的に唐辛子を握り、それをどばっと入れている。
ヌチャナートが何かを数えている。
珍しいことに、唐辛子が何本入っているか数えているのだ。
「1.2.3・・・・・10,11・・・・。これだけ入っているけどいい?」
そんなものを見せられても、それがどのくらい辛いのか見当がつかない。
辛そうだなとは思うが・・・・・。

パッカパオガイが出来てきた。
ベランダの苦瓜の葉、ミントの葉もつけ合わせにでている。
苦瓜の蔓が伸びてその処理に困っていた。
葉を摘んでくれたので、蔓の伸びは緩やかになるだろう。

2010/6/30

|

« タイのゆで卵 | トップページ | タイ人の買物考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35596281

この記事へのトラックバック一覧です: パッカパオガイ 鶏のタイ風炒め物:

« タイのゆで卵 | トップページ | タイ人の買物考 »