« 朝顔の炒め物 | トップページ | プラスチック製クロックと突き棒 »

2010年7月 4日 (日)

ラッキョウをフランス語で

フランス語でラッキョウのことをエシャロットと言う。エシャロットと言うとなん
だか洒落た食い物のように思う人がいるけど、要するにあれはラッキョウの
未熟果なんだな。成熟すると硬くなってしまう。
ラッキョウのことをタイ語ではフアホムと呼んでいる。
今はラッキョウ漬の季節だ。生のラッキョウが沢山出回っている。
ヌチャナートはラッキョウを漬けると言い出した。
「おいおい大丈夫かよ」とちょっと心配になる。
今までの経験からヌチャナートはラッキョウを漬けることができると思う。
多分、砂糖をあまり入れず塩と酢の味が強い漬け汁になると想像した。
俺はヌチャナートがやることを黙って見ていた。
漬け汁を味見すると想像通り甘味が少ない。
まだ味が馴染んでいないので塩、酢、ラッキョウの味が別々に感じられる。
これを漬け込んでいくと味がまとまる。
その時、どんな味になるのか楽しみだ。

2010/7/2

|

« 朝顔の炒め物 | トップページ | プラスチック製クロックと突き棒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35629242

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキョウをフランス語で:

« 朝顔の炒め物 | トップページ | プラスチック製クロックと突き棒 »