« 茄子の味噌炒めに香草 | トップページ | パクチーラオの花 »

2010年7月20日 (火)

夕顔のタイカレー

今日はタイカレーを沢山作った。毎日、火を通せば何日も食べられるから
ヌチャナートは手抜きができるので喜んでいる。

あるブランドのココナッツミルクを求めていたのだが、これしかなかったので
不承不承これを買った。こんな物にも「このブランドは美味しいがこのブランド
は美味しくない」と言うようになっているので一人で笑う。
値段の差はココナッツの濃度にある。安いものは水を多く加えてありココナッ
ツが少ししか入っていない。料理によっては既に薄まったココナッツミルクの
方が使い易いかもね。

商店街に行くと、夕顔があった。夕顔を見ると、美味しそうだなと感じてしまう
俺の味覚はタイ化している。ヌチャナートは何軒かの店を覗いて、あの店が
一番いいものを売っていると品定めをする。

P1160343pct13

タイカレーを作る良い臭いがしてきた。
俺にはいいにおいなのだが、タイ料理を知らない人には迷惑なにおいだろう
な。味噌汁のにおいは日本人には美味しそうなにおいだが、外国人には悪
臭なんだ。これはお互いに我慢しなくてはいけない。
日本は社会が国際化することを望んでいた。その時、こんなにおいの問題
に関心をもった人がいただろうか?

タイカレーに入れる野菜は夕顔にした。料理を作りながらヌチャナートが
言う。
「サミイ!果物を持ってきてよ」
「果物?タイカレーに果物をいれるのか?」
インドカレーにリンゴとかバナナを入れるから、タイカレーにも果物を入れ
るのかな?果物と言ってもウチにはプラムと西瓜しか今はない。まさか西瓜
を入れるの?もたもたしているとヌチャナートはいらいらして言う。
「風呂場にある奴よ」
風呂場には夕顔と冬瓜があった。
俺たち日本人には夕顔や冬瓜は野菜であって果物ではない。
しかしタイ語では少なくともヌチャナート語では夕顔や冬瓜も果物なんだ。
果物と言うとリンゴ、蜜柑を俺たちは想像する。
ヌチャナートが言う「果物」はリンゴ、蜜柑の他に夕顔のような物を含めている。
つまりタイ語の「果物」は日本語の「果実」、英語の「fruits」に相当している。
以前、これを学んだのに頭が悪いから忘れていた。

P1160345pct13

「辛くしたわよ。サミイはタイ人みたいに食べるんですもの」
タイカレーは出来たのだが、飯がない。
飯の代わりに素麺を茹でた。素麺にタイカレーをかけて食うのもいいもんだ。
「明日、タイカレーを温めるともっと美味しくなるわよ」
そうなんだ。タイカレーも一晩寝かせてから温め直すともっと美味しくなる。

2010/7/18

|

« 茄子の味噌炒めに香草 | トップページ | パクチーラオの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35816917

この記事へのトラックバック一覧です: 夕顔のタイカレー:

« 茄子の味噌炒めに香草 | トップページ | パクチーラオの花 »