« 黒砂糖 ナムタンオイ | トップページ | 豚バラ肉の揚物 »

2010年7月 6日 (火)

鰯の塩焼とナムプリック

P1160223pct13

刺身用と書いた鰯があった。鱗が光りいかにも新しいという姿だ。
俺は鰯をチラッと見ただけだった。
「ねぇー、このお魚、買わない?」
「・・・・・」俺は魚はあまり好きでない。
でもたまには魚を食わなくてはいけないなと思っている。
「焼いてあげるわ。美味しいわよ」
「・・・・・・・。うん」渋々、承知した。
鰯に塩を振って焼いた。この単純な食べ方がいい。

俺が作るナムプリックをヌチャナートは美味しいと言うようになった。
昔も美味しいとは言ったが、手を出さなかった。最近は俺のナムプリック
に手を出す。ごく普通の日本人にはあれだけ唐辛子が入ったナムプリッ
クの味なんて分からなくなる。唐辛子の刺激に耐えられるようになると、
唐辛子以外の味の強さが分かる。
ナンプラの塩味、レモンの酸味などのバランスを取れるようになる。
そのバランスが崩れると美味しくない。これをタイ人は微妙な味の差と考え
ているのだと思う。辛さで痺れた日本人の舌ではその微妙な味の差なんて
わからないから、タイ料理は大雑把な味だなんてつい思ってしまう。

焼き上がった鰯をナムプリックにつけて食べていたら、なんだか和食を思い
出した。鰯の塩焼きに醤油をたらして食べるのが和風の食べ方だ。
酢醤油に唐辛子を加えたタレを作った。酢醤油という和風の味に唐辛子を
加えないと満足しない味覚の変化に俺は驚き、笑った。

魚が好きな人はワタが好きだ。
「ワタはあたしが食べるから残しておいてね」
魚を好まない俺がワタの部分をいやいや食べるのをヌチャナートは知っている。
ワタの黒さとか苦味が嫌なのだが、魚好きの人にはあの苦味が美味いらしい。

2010/7/5

|

« 黒砂糖 ナムタンオイ | トップページ | 豚バラ肉の揚物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35655687

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯の塩焼とナムプリック:

« 黒砂糖 ナムタンオイ | トップページ | 豚バラ肉の揚物 »