« 食べ物と健康7020 | トップページ | カオパットとゴミ箱 »

2010年7月 2日 (金)

なすの広告

文字を覚えだした子供は目に付いた看板の文字を読む。
俺もタイでは同じように、看板の文字を読んでいる。
どうやら看板の文字を読むことで文字や言語を覚えて行くようだ。

「ナ・ス」とヌチャナートが言った。
ああ、また看板の文字を読んでいるなとわかった。最近では、どの看板を
読んでいるのかすぐに分かるようになった。突然「ナ・ス」なんて言われると、
昔は何を読んでいるのか、何を言っているのかわからず、そこらじゅうを
見回した。弁当屋の看板に「なす味噌炒め」と書いてある。
「”なす”ってなんだ?」
「マクワでしょ」
「うん、そうだ。味噌と炒めると美味しいよ」
俺ん家には味噌なんてない。
なす味噌炒めの看板をみたら、それを食いたくなり味噌を買ってきた。

広告の力は偉大だ!

2010/6/7

|

« 食べ物と健康7020 | トップページ | カオパットとゴミ箱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35610065

この記事へのトラックバック一覧です: なすの広告:

« 食べ物と健康7020 | トップページ | カオパットとゴミ箱 »