« 豚肉のニンニク炒め | トップページ | 和風タイ料理 »

2010年7月28日 (水)

鯛のタイをタイ人が

P1160388pct13

鯛の頭には「鯛のタイ」と呼ばれる骨がある。
魚の形、それも鯛に似た形の骨だから「鯛のタイ」と呼んでいる。

ヌチャナートは鯛のお頭が大好きだ。俺も鯛のお頭を焼いた兜焼は大好き
だ。鯛のお頭を見るとヌチャナートは買ってくる。
それを焼くこともあれば煮ることもある。時には蒸している。
魚が好きな人は食べ方もいろいろと工夫しながら食べるもんだ。

安い鯛のお頭があると、ナンプラやガーリックに漬けて冷蔵庫にしまって
おく。これで長いこと保存できる。保存中に旨味が増してくる。
今日は漬けておいた鯛のお頭を焼いた。

脂がのっていて、食いでがある。
「おお、そうだ。鯛のタイを探そう」
俺は鯛のタイを見つけてヌチャナートに見せた。
「魚の中に魚がいるんだぞ!」
「アハハハ・・・・・・」
鯛のタイをタイ人が見て笑った。

2010/7/26

|

« 豚肉のニンニク炒め | トップページ | 和風タイ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/35928658

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛のタイをタイ人が:

« 豚肉のニンニク炒め | トップページ | 和風タイ料理 »