« パットマ・マー・サイカーオ 笑えるタイ料理 | トップページ | 熱い茶を飲む »

2010年8月10日 (火)

軍鶏を食べる

P1160480pct13

商店街に軍鶏があった。それを見てヌチャナートは喜んで買った。
鶏と言えば軍鶏肉で育ったからだろうか、日本の柔らかな鶏肉は
ヌチャナートの好みにあっていない。俺は日本の鶏肉と言ったが、
実は日本の鶏肉ではない。ブラジル産の鶏肉を食っていることが
多い。ブラジル産も日本産もまあ、似たようなもんだと思っている。
軍鶏肉は固い。その固さがいいらしいのだ。軍鶏の皮は固いよ。
その固い肉や皮を何度も噛締めながら食べる。
家庭料理だから軍鶏の首もニョキっと出ている。
料理屋だとこんな出し方はしないだろう。
ヌチャナートは自分でこんな出し方をして、一人でおかしがっている。
香草と一緒に煮込んだ軍鶏は良い香りがする。
これはタイの田舎で食べる料理と同じだ。

2010/8/8

|

« パットマ・マー・サイカーオ 笑えるタイ料理 | トップページ | 熱い茶を飲む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/36102411

この記事へのトラックバック一覧です: 軍鶏を食べる:

« パットマ・マー・サイカーオ 笑えるタイ料理 | トップページ | 熱い茶を飲む »