« タイラーメンに箸を置く | トップページ | 唐辛子で汗 »

2010年8月 7日 (土)

鯵の干物タイ風と豚ロース

P1160466pct13

鯵の干物を作った。鯵の干物は日本の代表的な干物だ。
鯵を開いてから干すのが日本の伝統的形だ。
ヌチャナートは鯵のワタを取り除いて、頭を切り落とす。
それに塩を振って乾燥させる。
どうやら、旨い具合に乾燥できたようだ。
「ねぇー、見て!タイみたいでしょ!」
タイの市場で見かける干物のような色をしている。
「本当だね」

てんぷらを作る場合、具がどっぷりと油に漬かるようにする。
炒め物はフライパンが濡れる程度しか油を使わない。
フライパンに少量の油を入れる。具の半分かそれ以下が油に漬か
る程度の油しか入れない。それがタイ流の揚物のようだ。

油で揚げるにおいがする。タイで感じる調理時のにおいだ。
気候がタイと同じ時期だから、においもタイのように感じるのだろう
か?
「なんだか旨そうなにおいだな」
と俺は感じるのだが、ご近所さんには迷惑なにおいかな。

魚を揚げるだけではもったいないと思ったのか、先日来、漬け込ん
でいた豚ロースも揚げた。油を切る為に魚も豚ロースも金網に乗せ
てある。この豚ロースはタイ風ではないなと俺は感じた。
食事にナイフを使わないタイ料理は、肉を小さく切ってから食卓に
出す。大きな肉のまま食卓に出てきたものだから、西洋料理のよう
に感じてしまった。
今日の肉は熱が通り過ぎて固くなっている。

2010/8/7

|

« タイラーメンに箸を置く | トップページ | 唐辛子で汗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/36062497

この記事へのトラックバック一覧です: 鯵の干物タイ風と豚ロース:

« タイラーメンに箸を置く | トップページ | 唐辛子で汗 »