« イナダのラープ | トップページ | 小鯵の南蛮がけ »

2010年9月16日 (木)

たまご焦げ

P1160762pct13

たまご焼きなら子供でも知っているが、たまご焦げというのは知って
いる人は少ない。
俺の造語だから誰も知らない。知らないのも当然だ。

たまご焼きだかオムレツのようなものをヌチャナートが作った。
小さなトマトと玉ネギが入っている。
どういうわけか知らないが、このたまご焼きを作る時、ヌチャナート
は必ず焦がす。今日は焦げ過ぎでたまごの焦げ臭がする。
それだから俺はたまご焦げと呼ぶことにした。

たまご料理って簡単だけど難しいよね。
たまごをふわって焼き上げるのがたまご焼きの旨さだと思っている。
なぜかタイ人はたまごが固くなるまで焼いてしまう。
けっしてタイの料理人が下手なのではない。
それが彼等の習慣なんだな。
ほんじゃどうしてそんな習慣が出来たのだろうか?
もしかすると卵を常温で保管しているからだろう。
卵の中は無菌状態だから常温で保管しても腐ることはないが、安全
を考えてよく火を通す。結果的に、たまごが固くなる。
この他に理由があるかな?
柔らかいたまご焼きより固いたまご焼きをタイ人は好むという単純
な理由かな?

2010/9/15

|

« イナダのラープ | トップページ | 小鯵の南蛮がけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/36777719

この記事へのトラックバック一覧です: たまご焦げ:

« イナダのラープ | トップページ | 小鯵の南蛮がけ »