« パッカパオと卵 | トップページ | 敗残兵が食べた料理 »

2010年10月15日 (金)

トムヤンクン

P1160948pct13

日本人がタイ料理といえばトムヤンクンを真っ先に頭に浮かべる。
酸っぱくて辛いトムヤンクンは旨い。
トムヤンクンは火にかけた鍋に入ってくる。
日本人の常識では鍋物は冬の寒い時に体が温まるからといって
食べる料理だ。熱帯の冷房のない店で鍋物を食ったなら余計に
暑くなるのではないかと心配する。俺の経験では冷房のない店で
トムヤンクンを食って体が熱くなり息苦しくなったなんて経験はな
い。爽やかな酸味とほどよい辛みのせいだと思う。

トムヤンクンの旨さはわかっている。イサーン風とバンコック風の
違いもわかっている。しかしどういうわけかトムヤンクンを好まな
くなった。年齢とともに味の好みは変化する。
ちょっとトムヤンクンを味見して「うん、旨い」といってもそれ以上
は食おうとしない。
俺が食わないのでヌチャナートは一人でトムヤンクンを食べてい
る。

2010/10/8

|

« パッカパオと卵 | トップページ | 敗残兵が食べた料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/37244897

この記事へのトラックバック一覧です: トムヤンクン:

« パッカパオと卵 | トップページ | 敗残兵が食べた料理 »