« タイ人の卵焼き | トップページ | タイラーメンの作り方 »

2010年10月10日 (日)

インド人の気持ち

今では外人が立ち食いそばや牛丼を食べているのを見ても珍しく
ない。外人が牛丼屋に入ってくるなんて珍しい時代のことだ。
インド人が牛丼屋に入って来た。当然、牛丼を注文した。
牛丼が来るとインド人はめったやたらと唐辛子をかけていた。
日本人の常識外の唐辛子をかけるので笑ってしまった。

先日、俺は牛丼屋に入った。そして七色唐辛子をかけた。
ちょっと他の客より多めにかけたかな?
俺としてはちょっとだけ多めに唐辛子をかけたつもりだ。
見ると唐辛子は山盛りになっている。
七色唐辛子の安物はみかんの皮ばかりで辛くない。
そのくらい
かけないと辛くないのだ。
カウンターの反対側に座った人が唐辛子をかけるのを見た。
ほんの二振りか三振りしかかけていない。しかも慎重にかけてい
る。
「ああ、あれが日本人の常識的使用量なんだ」
日本人の常識から見ると、俺はたしかにかけ過ぎた。
毎日がタイ料理だから唐辛子の使用量も多い。
いつの間にやら常識外の唐辛子を使うようになっている。
これだけかけて「うん、辛みがきいてうまい」と感じている。
辛みで飛び上がるとか、口の中が火事になることもない。
昔、牛丼屋で見たインド人の気持ちがわかる。

唐辛子の辛みには鈍感になり、自然に使用量が増えるというのは
本当だ。

2010/10/8

|

« タイ人の卵焼き | トップページ | タイラーメンの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/37161749

この記事へのトラックバック一覧です: インド人の気持ち:

« タイ人の卵焼き | トップページ | タイラーメンの作り方 »