« 鮪とパパイヤ | トップページ | 烏賊の髭 »

2010年11月21日 (日)

オップガイ タイ風鶏の蒸煮

P1170148pct13

鶏の蒸煮なんだが味はタイのものだ。
タジン鍋料理のタイ版と言ってもよいと思うな。
調理している時はやたらとくさかった。
ヌチャナートは「これは美味しそうなにおいよ」と笑いながらも換気扇
を回した。調理中のにおいとは裏腹に、食って見るとあのにおいは
何処かに消えている。これはタイ東北部の田舎料理だ。
「これって美味い料理だね」
「辛いでしょ」
タイ人が辛いというのだから、かなり辛味が強い。
香草の香り、他の味と一緒に辛味を感じると、「辛くて、もう駄目だ!」
とならないのが不思議だ。
辛いのだが、辛いと感じさせないのがタイ料理の魅力なんだと思う。
鶏肉から出た油が浮いているスープをふうふう言いながら飲む。

2010/11/21

|

« 鮪とパパイヤ | トップページ | 烏賊の髭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/37773386

この記事へのトラックバック一覧です: オップガイ タイ風鶏の蒸煮:

« 鮪とパパイヤ | トップページ | 烏賊の髭 »