« 野良猫と敗残兵 | トップページ | コロッケとカラオケ »

2010年11月 8日 (月)

亭主の好きなタイカレー

P1170060pct13

俺が初めてタイカレーを食った時、不味いと思った。
カレーと言えば、黄色いインドカレーの香りと味を想像する。
俺が想像していた味とタイカレーの味は全く違う。
色も赤だったりする。
「なんじゃこれ?これがカレーかよ?」
そんな悪い印象をもったタイカレーなのに、今は俺の好物になっている。
俺がタイカレーを食いたいと言っても、ヌチャナートは作ってくれない。
簡単に作れてしまうタイカレーは「あんなもんは料理ではない」と思っている
らしい。タイカレーを軽蔑しているのだ。
ヌチャナートはタイカレーをちょこちょこと作ってしまうが、この味を日本人
が作り出そうとすると手間がかかる。
自分じゃ軽蔑していても亭主が好きなタイカレーだ。
なにかの風の吹き回しでタイカレーを作ってくれることもある。
「タイカレー、食べるでしょ?作ってあげる。」
「うん」
こうしてタイカレーが出来てきた。
屋台やぶっかけ飯屋で食うのと同じ味だ。
彼等が食べるのと同じ辛さだ。食っているうちに汗がでてくる。

辛味がないと飯を食えなくなっている。
辛い物を食っても辛いと感じないが、辛味を食うと汗がでる。
こんな程度の辛味ではタイ人は汗をかかない。
俺の体はまだタイ人のようにはなっていないようだ。

2010/11/3

|

« 野良猫と敗残兵 | トップページ | コロッケとカラオケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/37582902

この記事へのトラックバック一覧です: 亭主の好きなタイカレー:

« 野良猫と敗残兵 | トップページ | コロッケとカラオケ »