« 鶏肉と牡蠣油タイ風炒め | トップページ | 吟醸酒の香りとサトー »

2010年11月27日 (土)

水を飲ませる

俺がいつも面白いと思うことにタイ人は食事中あるいは食後に必ず
水を飲むことだ。タイの店に入ると、ごく当然のように
「水はどうしますか?」と聞かれる。
水と言ってもその意味は日本語のお飲み物に相当する。
日本では店に入るとコップ一杯の水かお茶を持ってくる。
その水や茶は代金に含まれない。
タイの場合、水は有料だ。店としては売上げを伸ばしたいから水を
どうするのかと聞いてくるのだと思っていた。
日本じゃお冷は無料だから、水で金を取られるのはなんとなく面白
くない。ペプシなどを飲んでいたら、カロリーの摂り過ぎになってしま
う。料理だけを頼んで水を頼まないこともあったな。
それが、タイ人にとっては食事と水はつきものなんだと段々わかっ
てきた。もちろん、売上げ向上のこともあるが、タイ人なら必ず水を
飲むから、ごく自然に水はどうするか聞いてくる。
その理由は辛い料理で胃がやられるのを水を飲んで防いでいると
俺は解釈している。これが正しいかどうか知らないが、俺はそう解
釈して一人で納得している。

そんな習慣があるからだろう。ヌチャナートは食事の後に猫にも
水を飲ませる。ウチの猫は辛い料理なんて食べていない。
鰹節や固形のペットフードを食べた後にも水を飲ませる。
それなのに無理矢理、猫に水を飲ませている。
猫の口の横に水を入れた猪口を当てると猫は口を開くので水を
流し込む。猫には迷惑な話かもしれない。

2010/11/27

|

« 鶏肉と牡蠣油タイ風炒め | トップページ | 吟醸酒の香りとサトー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/37861644

この記事へのトラックバック一覧です: 水を飲ませる:

« 鶏肉と牡蠣油タイ風炒め | トップページ | 吟醸酒の香りとサトー »