« 黄色い唐辛子 | トップページ | 胡瓜とタイ人 »

2010年11月14日 (日)

残飯はカオパットに

P1170100pct13

少々の飯が残っていた。飯を炊く気にもならない。
「ごはん、どうする?」
「うーん・・・・どうしよう?」
「カオパットでいい?」
「ああそうしよう」
カオパットというのはタイ語で焼飯のことだ。
これがタイの屋台で食うと旨いんだな。
外米を使うから飯粒がパラパラとはがれている。下手な屋台では
ぐちゃぐちゃのカオパットをだすこともあ
るが、そんな店は殆どない。
炒飯とか焼飯を日本で注文するとデフォルトでスープが付いてくる
が、タイのカオパットにはスープがつ
かない。飯の横に楔形に切っ
たレモンと薄切りの胡瓜がつく。レモンをぎゅーっと絞って、唐辛子
の入ったナンプラをかけて食べる。熱帯の太陽の下で熱い焼飯を
食ったなら余計に暑くなると思うだろう。
唐辛子の辛味のせいだろうか、暑さは感じない。

ウチのカオパットは残飯整理みたいなもんだ。肉もその辺にあるも
のを適当に使う。卵が入らないとカオパットとは考えないみたいだ。
卵がないとカオパットを作らない。粘り気のある日本の米でもヌチャ
ナートは飯粒がパラパラとはがれるカオパットを作ってくれる。
絶対に切らすことがないレモンをカオパットに添える。
胡瓜はないけど、完全にタイ風の食べ方だ。
これさえ食わせておけば、旦那は文句を言わないのをヌチャナート
は知っている。料理を作るのが面倒になると
「カオパットにする?」「カオパットを食べるでしょ?」と来る。

2010/11/12

|

« 黄色い唐辛子 | トップページ | 胡瓜とタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/37664313

この記事へのトラックバック一覧です: 残飯はカオパットに:

« 黄色い唐辛子 | トップページ | 胡瓜とタイ人 »