« スープの温度 | トップページ | タイ族の味の伝統 »

2010年12月21日 (火)

和風お粥

P1170262pct13

「カオツムを食べるでしょ?」朝粥か。まあいいだろう。
「うん」
俺はタイ風のお粥が出てくるものだと思っていた。
食卓を見ると、白い粥の上になめたけが乗っている。
「あれれ?これじゃ和風のお粥だな。」
なんだか病人食みたいだ。いつもタイ料理ばかり食べているので
こんな料理が新鮮に見える。
「茸が美味しいわよ。掻き回して食べてね」
掻き混ぜて食べると美味しいのはわかっているが、掻き混ぜると
白いお粥が茶色になる。
今朝は何故かお粥を白いまま食べたかった。できるだけ白い粥を
汚さないように、なめたけを白い粥にのせてスプーンで食べた。
さっぱりして美味しい味だ。これって日本の味だと思っていると、お
粥の底には豚肉があった。
やはりタイの食習慣から脱却できていないのだ。

2010/12/19

|

« スープの温度 | トップページ | タイ族の味の伝統 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/38156734

この記事へのトラックバック一覧です: 和風お粥:

« スープの温度 | トップページ | タイ族の味の伝統 »