« カマスの塩焼 | トップページ | アスパラ巻とタイ人 »

2010年12月 5日 (日)

バーミーナムと日本のラーメン

俺が勝手にタイラーメンと呼んでいるタイの麺が好きだ。
バーミーナム、クイティオなどを屋台で食うのがいいね。
かんかん照りの屋台や、大きな傘で日陰を作っている屋台で食べ
る。熱帯の暑さの中で熱い物を食うのだが、不思議と体が熱くなる
とは感じない。俺は日本のラーメンもタイのラーメンも好きだ。
自分が好きな物だから、ヌチャナートも日本のラーメンが好きだろ
うと思った。日本にあるラーメン屋に連れて行ったが、ヌチャナート
はあまりラーメンを食べようとはしない。
「どうしてかな?日本のラーメンは口に合わないのかな?」
俺はそのことを余り気にしていなかった。
ラーメンスープの塩分は高い。塩分の取りすぎに注意しなくては
いけないのでラーメンを控えていた。いつもマ・マーと言われるタ
イのインスタントラーメンを食べていた。タイラーメンを食べるの
は、唐辛子が沢山入っているため、日本のラーメンより塩分が
少ないのと、一杯の量が少ないからだ。
いつも辛いラーメンを食べていた。

出先で食事をすることになった。その近辺にはラーメン屋以外に
食い物屋がなかった。一軒しかない店なので昼食時は込み合っ
ていた。その店特製の看板ラーメンを注文した。
味見をしたが、物足らない味だ。唐辛子を探したがない。
しょうがないので胡椒を沢山いれた。
それでも俺が求める味にならない。

ヌチャナートが日本のラーメンを好まない気持ちがわかった。
いつもいつも辛い料理を食っているので、唐辛子が入らないラー
メンは物足りないのだ。

2010/12/1

|

« カマスの塩焼 | トップページ | アスパラ巻とタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/37961487

この記事へのトラックバック一覧です: バーミーナムと日本のラーメン:

« カマスの塩焼 | トップページ | アスパラ巻とタイ人 »