« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010年4月20日 (火)

アーハンファラング洋風料理

P1140277pct13

豚ロースが出ていた。これをソテーして食べやすい大きさに切って皿に乗せ
る。いつものように皿に肉をどさっと乗せて出すと思っていた。

ソテーした肉を切ると、日本人は切った肉を元の姿になるように綺麗に皿に
並べてだす。その辺が日本人とタイ人では違う。タイ人は並べないで、どさっ
と乗せる。それなのに、今日は肉は切らずにそのまま乗せてある。
西洋風の出し方だ。目玉焼きもつけている。ますます西洋風に見えてくる。
レタスも炒めてだす。タイ人の目から見るとこれは完全に洋食だ。
ファラング(白人)が食べそうな料理だから、タイ人はアーハンファラングと呼
ぶ。いつも辛いタイ料理だから、気を使って辛くない料理を作ってくれたのだ。
しかし、食器を見てくれ。
白人の料理なら、ナイフとフォークを出さなくてはいけない。
フォークとスプーンしかない。これじゃタイ料理の食べ方だ。
こんなファラングの料理をタイの庶民は食べない、あるいは食べた経験が極
めて少ない。食べたことがなくとも見たことがあるから、料理の形は一応作れ
る。肉の味付けだって塩味だと想像できる。
料理を作るのに一生懸命で、食器まで気が回らなかったのだろうな。
タイ料理を食べるのと同じようにフォークとスプーンを並べてアーハンファラン
グは完成・完璧と思っているのだ。
ファラングだってこの味なら受け入れる。食器を除いて味は合格点のアーハ
ンファラングでした。

2010/4/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

米粒みたいなマカロニ

P1140273pct13

これはヌチャナートが餅米と勘違いしたマカロニだ。はたしてマカロニと呼ん
でいいのかどうかわからない。こんな時、人はその人がもっている知識の中
から一番似ている物の名前で呼ぶ。
俺の知識ではこれはマカロニに一番近いからマカロニと呼ぶ。
イタリアから輸入された物だと思ったら、トルコが原産国になっていた。
うーん、これはトルコ料理か?
茹で方は大量の湯に入れて10分と書いてある。これはマカロニなどの茹
で方と同じだ。

茹でた後の食べ方が分からない。
トルコにはトマトと茄子の炒め物のような料理がある。トマトで味付けをすれ
ばいい。茄子はないがマッシュルームならある。トマトソースに鶏肉とマッシュ
ルームを入れて味を調えた。こんなソースがトルコにあるかどうか全く分から
ない。米粒のような形のマカロニとこのトマトソースは合うはずだ。

茹で上げた米粒のようなマカロニにトマトソースをかけた。そこでまた考え
てしまった。
「これってどうやって食べるの?ナイフとフォークを使うの?」
フォークで食べようとしても、マカロニはフォークの隙間から落ちてしまう。
テーブルスプーンで食べることにした。多分、これが正解だろう。

食卓に料理を並べた。
「あら、綺麗ね!まるでお米ね!」
たしかに見た目は米粒だが、味はマカロニだ。米粒の粘りなんてない。
米だと思って口にした人は「なんだこの味!?」と怒り出すだろうな。

この味はタイにもトルコにもない。綺麗な言葉で言うと俺の創作料理だ。
マカロニやピザという名前はタイ人も知っているが、多くの人は食ったこ
とがない。それじゃぁーと、それらをタイ人に出してもたいてい途中で不味
そうな顔をしだす。多分、ヌチャナートも途中で匙をなげるだろうと想像し
ていた。
「これって麺だからすぐにお腹がすくわよ」
そんなことを言いながら、ヌチャナートは一皿を平らげていた。

米粒型マカロニの伝統的食べ方はどんなもんだろう?
「ヌー、今度はこの米でカオパットを作ったら?」
「そんなの無理よ!」
スパゲッティやマカロニも炒めて食べる。この米粒を炒めたら炒飯まがい
のものができる気がする。
このマカロニで炒飯、カオパットに挑戦した人おりますか?

2010/4/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理の名前

P1140266pct13

料理の名前というのは目立つ食材や特別な食材の名前が前面にでるのが
普通だ。トリュフのような特別な食材を使うと、トリュフ入りなんとか名づけら
れる。食材名と調理法の組合せで名前がつくのが普通だ。
時には連想から料理名がつくことがある。蕎麦の例だと生卵と海苔を乗せ
た月見蕎麦というのがある。卵の黄身を月に海苔を雲に見立てた優雅な
名前だ。甘く煮た油揚げを入れた蕎麦をキツネと呼んでいる。
狐は油揚げを好むからと日本人は考えるのでこんな名前がついた。
こんな名前の付け方は例外的だ。タイ料理にもそんな例外的な前の料理
がある。

この料理の主だった食材はインゲンと豚肉に見える。だからこの料理の
名前はインゲンと豚肉の炒め物と考えた。
ヌチャナートに料理名を聞くと「卵入り豚の炒め物」だと言う。
俺には卵より、インゲンの方が沢山あるように見えるのだが・・・・・?

2010/4/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタテに唐辛子

P1140267pct13

ホタテを焼いた。日本人はこれに醤油をたらして食べる。ヌチャナートは醤油
がいるか聞く。俺は要らないと答えた。タイ風に食べてみたかった。タイ風の
食べ方と言っても特別な食べ方はない。醤油の代わりに唐辛子ソースを使う
だけだ。
「サミイはタイ人みたいな食べ方をするのね」
魚や貝はそれほど好きではないから、ワタの部分は苦手なんだ。
ワタをヌチャナートの皿に入れると、食べる所はほんの少しだ。
肉と違って脂がなくてあっさりしているから、唐辛子の味が直接きいてくる。
「ホタテがもつ甘味を殺して食べるとは、なんてもったいない食べ方をする
のだ」と日本人は思うだろうな。
でもタイ人にすれば、辛味のない味なんて美味しくないのだろう。

ホタテを食いながらタイの貝を思い出した。
俺が観察した所ではこんな大きな貝はタイにはないからヌチャナートには
面白いらしい。タイで俺が見た大きな貝は牡蠣とムール貝だ。
牡蠣は日本で見るのと同じ大きさだ。レストランではそれにレモンをかけて
食べる。でもなー、海岸から遠く離れた地域までどうやって運んでいるのだ?
他の商品の流通状態を見ると生牡蠣は安全なのだろうかと心配になる。

日本人が行くレストランではそこそこの大きさのムール貝がでるが、庶民が
住む村に売りにくるムール貝は小さくて食べる所が少ない。
赤貝をよく食べているが、これもほぼ生の状態で食べている。
赤い汁が出てくるので、俺には気味が悪いがタイ人は美味しそうに食べる。
アサリのような貝は炒めて食べている。これはちゃんと熱が通っているので
俺も食べる。

2010/4/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かけうどんをタイ人が

P1140271pct13

俺がうどんを茹でておいた。いつだったかヌチャナートはうどんをタイ風に食
べていた。どんな風に食べていたのか忘れた。おそらくカノムチンのように
食べていただろう。そのタイ風のうどんを食べてみたかったので、うどんを
茹でた。

「うどん、食べるでしょ?イープン味にするわね」
イープンというのは日本のことだ。日本の味にすると言ったが、その味は
期待できない。反論するのが面倒だから「うん」と答えていた。
「魚のスープにお醤油を入れれば良いのよね」
粉末の魚出汁を取り出している。

出来上がった物をみると和風にできている。形を真似るの簡単だ。
問題は汁の味だ。味見をすると汁もちゃんと日本の味になっている。
この味なら日本人にだしても大丈夫だ。
昔はひどい味だった。「おいおい、これの何処が日本の味なんだよ!?」
と驚く味だった。この味なら完全な日本の味だ。
駅の立ち食い蕎麦のかけうどんの味になっている。

うどんを食いながら思った。
誰に教わったわけでもないのに俺が作った唐辛子ソースをヌチャナートが
味見して美味しいと言うようになった。
俺がうどん汁の作り方を教えたわけでもないのにヌチャナートのうどん汁を
俺がうまいと言うようになった。同じ釜の「タイ飯」を食っているうちに、俺が
タイの味を覚え、ヌチャナートが日本の味を知るようになった。

2010/4/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食物と健康広告4160

今日も食べ物と健康の関係を広告の中に見つけている。
朝鮮人参は薬効がある。身体によいと言われている。
これを食い物に入れるべきか、悩むな。ニンジンと言われるとカレーや
シチュウに入れるような気がする。
でも朝鮮人参をカレーに入れるなんて聞かない。
俺が考えている食べ物というのは、日常生活で普通に食べているものだ。
しじみを食べると○○に椎茸を食べると△△に良いというような話だ。
やっぱり朝鮮人参は薬であって食べ物ではないことにしよう。

それと日本人が食べ物と考える物を対象にしよう。
例えば、イナゴや蝉は一部の地域では食われているが一般的ではない。
蚕は外国で食われており、宇宙での蛋白源として注目されているが、日本人
の食べ物と言う概念に入らないからこれも抜こう。
これまで蚕に関係のあるシルク微粉末なんてものを取り上げていたが、これ
も食べ物の仲間に入れない。
アマゾンの神秘なになにというのもあったな。あれも植物由来のものだが、
日本人の食べ物ではないから食べ物と健康の関係にいれない。
ニチニチ草というのは近年日本で盛んに植えられており、身近に見るけ
ど、現在はまだ食い物と認められていない。
その昔ジャガイモは花として栽培されており、食い物ではなかったが、
今では重要な食べ物だ。
食い物としてニチニチ草が認められるようになったなら、食べ物と健康の
関係にとりあげよう。

「健康365」誌 2010年06月号 ㈱エイチアンドアイ
シルク微粉末が毛髪によいと大きな記事になっている。
しかしシルク微粉末は通常我々が考える食べ物ではないので、とりあげない
ことにした。

ハナビラタケが免疫力を高め云々というがこれも通常の食べ物ではない
のでとりあげない。

朝鮮人参の果実も頻尿に効果があるというが、これは食べ物ではないと
考えよう。

「わかさ」誌 2010年06月号 わかさ出版
頻尿にはショウガ湯、尿もれにはお尻閉じ、便秘には「の」の字エクサが効く!

「ゆほびか」誌 2010年06月号 マキノ出版
ウエスト11cm10cm楽々減!冷え・便秘・うつ・不眠まで退散!
混ぜて飲むだけ!
「ショウガ炭酸レモン水」ダイエット

「壮快」誌 2010年06月号 マイヘルス社・マキノ出版
東大医師が考案! テレビで大注目!
63キロ18キロ14キロ速やせた
46センチ18センチ16センチくびれた
血圧血糖値も正常化!
加圧するめダイエット

2010/04/16

| | コメント (0)

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »