« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »

2010年6月18日 (金)

ハーブの苗とタイ人

パクチーラオ、レモングラス、ミント、苦瓜などの苗を買ってきた。
苗を植えてまだ根付かないと思うのに、もう葉をとって料理に使う。
「おいおい、大丈夫か?」と心配するのをよそに、ハーブは元気だ。
切られてもちゃんと新しい芽をだしている。やはり長い間の経験にはかな
わない。

我々の感覚では苗を植え、ちゃんと育ってから「さあ、採りましょう」だ。
例えば唐辛子は赤い実がなったら、実をとる。
葉も食べられるから葉唐辛子の佃煮を作り、茎と根を捨てて一年の収穫
とする。ところがタイ人は唐辛子の実がなる前の葉をとって食ってしまう。
唐辛子だって生きるのに一生懸命だから、葉をとられても実をつける。
実をつけると実も食べる。
パクチーラオは茎だけになっているのに、もう新しい芽が出ている。

苦瓜を何本も植えれば日除け代わりにできる。
朝顔と同じように苦瓜の蔓はどんどん上に伸びていく。
好きなように蔓を伸ばしたなら、ベランダでは大変なことになる。
俺は苦瓜の蔓を右から左に這わせ、左端に来たら右端にむかって這わせ
るようにした。それをヌチャナートは鼻で笑う。
「そんなことしなくても大丈夫よ」
日本人は苦瓜の実しか食べないが、タイ人は葉も食べる。
葉を食べてしまうから、蔓は伸びないと見ている。

乾燥唐辛子からこぼれた種を蒔いておいたら芽が出ている。
これもウチの料理の食材になる。
ベランダでハーブを摘むと嬉しそうに見せる。
「ねぇー、サミイこれ、ウチで取れたのよ。買いに行く必要ないのよ」

数年前はパクチーなんてタイの食材店にいかないとなかった。
今はパクチーも簡単に手に入るが、自宅で欲しい時にハーブを収穫できる
のが嬉しいらしい。

2010/6/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

パッカパオガイ 鶏の辛味炒め

P1160065pct13

写真を見ると屋台で食うような飯だと感じるだろうな。うん、確かに
俺もそう思う。毎日が、タイ料理でしょ。食い飽きない料理を食って
いると、こんな形の料理に落ち着いてしまう。
宴会ならトムヤンクン、トムカーガイ、ガイピンとかいろいろな料理
を食べるけど、毎日の食事となるとそんなもんは飽きちゃう。
和食だって同じだと思うな。
毎日、刺身がでてくると「もう生魚はいらない!」となる。
ご馳走と言われる料理はすぐに飽きるが、素朴な料理は飽きがこ
ない。

屋台やフードコートなどで出しているタイ料理が飽きが来ない料理
なんだ。飽きが来ないというのは料理の大切な要素だ。

2010/6/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

日本人だと見て

俺が日本人だと見て料理人は質問する。
「辛味はどうします?辛くします?」
「辛くしてくれ」なんて言うとタイ人の感覚で辛くしてくれる。これは辛い!
「辛くないの」というとなんとなく間が抜けた味の料理がでてくる。
だから「普通が良いな」と答えることにしている。
普通と言うのは、タイ人が見て普通の辛さだ。
料理人は「普通の辛さで本当にいいのか?」と心配そうな顔をして俺の顔
を覗き込む。普通の辛さで料理をだすと多くの日本人は悲鳴をあげるのを、
料理人は知っている。
俺が表情を変えないので、納得して普通の辛さの料理を作る。
そうすると、毎日ウチで食べているのと同じような辛さの料理が出てくる。

2010/6/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛味は痛み

辛い物が苦手の人はこの料理が辛いかどうか、食べる前に聞いた方がい
い。タイ人に「辛いか?」と聞くと「辛くない」と言うので食ったら辛かったなん
て話が多い。一回の料理に唐辛子を10本も食べるタイ人にとって、唐辛子
が二本しか入っていない料理は辛くない。
唐辛子が二本も入った料理は日本人には激辛だ。

あるウエブに辛いかどうかの質問の仕方のコツがあった。
「子供が食べられるか?」と聞くのがコツだそうだ。なるほど。
子供でも食べられる辛さなら、日本人には辛いか、丁度良い辛さだろう。

いくらタイの子供だって最初から辛い物を食っていたのではない。自然に
辛い物に慣れていく。

辛味という味はないそうだ。唐辛子の辛味は痛みなんだそうだ。
言われて見れば、唐辛子を食った時の口の中が燃えるような熱さは、痛み
かもしれない。熱いのなら、水を飲んで冷やせばいい。
熱いからと言って水を飲んでもあの痛みは治らない。
タイ料理を食っているうちに、痛みに鈍感になる。
俺も鈍感になり、一番辛いプリッキヌーなんて唐辛子を生で食っている。
それを美味いと思って食うようになっている。
こうなると「口の中が火事になった!」という感覚がなくなってしまう。

2010/6/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出された料理

P1160063pct13

最近は横着になり、いちいち料理の名前を聞かなくなった。
この料理の名前も聞いていない。
出された料理を「美味い」と言いながら食っている。
なんとなくこの料理はラオス料理でタイ料理ではないと感じる。
確認すれば「そうよ、これはラオス料理よ」となると思う。
イサーン地方の食事をしているから、こんなことを感じるのだ。
バンコックやプーケットあたりで生活している人は、こんな料理を見ないだ
ろう。タイ料理だって地方色があるんだ。
俺ん家の料理は王宮料理ではない素朴な田舎料理だ。
こんな料理ばかり食っていると、何にでも唐辛子を入れるようになる。
唐辛子を入れすぎて汗が吹き出ても、辛くないと食えなくなる。

2010/6/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物と健康広告6160

何を食うと健康になる、病気が治るなんて話がある。そんな話を広告の中
に見つけている。

「ゆほびか」誌 2010年08月号 マキノ出版
10kg楽々やせた、7cmくびれた!便秘解消、肌ぴかぴか!
メタボも撃退!爽やか美味!
「酢イーツ」ダイエット
水野美紀さんのキレイの秘訣!
広告を見ただけで、内容を見ていない。
俺の独断でこれは「酢を飲め、酢を使った物を食うといい」と言っている
と考えた。本当のことを知りたい人は本を買って確認してください。

「壮快」誌 2010年08月号 マイヘルス社・マキノ出版
免疫力アップ
耳鳴り ひざ痛が消えた! 血糖値、血圧が正常化 16キロ、7キロ速(丸囲
文字)やせた
<梅干し>は薬だ!
安田大サーカスも20キロ、20センチ減!
肥満解消効果を実験で確認!
研究者の私も1日2個の梅干で16キロ減量に成功など

テレビで大反響!
51キロ25キロ20キロスルスルやせた
アトピーが解消 血圧も下がった
仰天<黒豆ダイエット>

むくみが一発解消
<ショウガこすり>で腰ひざ、首の激痛がピタリ消えた!
細足、子顔に変わり目パッチリ

一晩で作れすごく美味
<甘酢ニンニク>で性力大爆発
耳鳴り、老眼 頻尿が急(丸囲文字)改善
血圧降下

視界スッキリ 文字クッキリ
<アワビの粉末>で緑内障 白内障、飛蚊症、網膜症が楽(丸囲文字)改善!
眼鏡不要
この記事って、以前にもあったような気がする。でていたのは同じ雑誌かな?

宇治茶クリームで肌が綺麗になるという記事があったが、このクリームは肌
につけるクリームではないかな?本を買って確認してください。

「わかさ」誌 2010年08月号 わかさ出版
自分で簡単に作れる!メタボ・美肌にも効く
食べる具沢山ラー油手作りレシピ

「健康365」誌 2010年08月号 ㈱エイチアンドアイ
薄毛・白髪抜け毛の悩み解決!
高血圧・遺伝性でも安心「シルク微粉末」
●二十代から増えた額の抜け毛が数ヵ月で止まり太く黒い髪が密生
●薄毛で地肌が見えた頭頂部に太い産毛が生え側頭部の髪も黒々
●残業続きで抜け毛が急増したが太い黒髪が再生し白髪も減った
●月二回も染めるほどの若白髪が減り黒髪が増えて白髪染めは不要

「シルク微粉末」の記事も何回もでている。

2010/06/16

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月15日 (火)

カトーン

P1150421pct13

黄色いリンゴのような果物。「美味しくないわよ」ヌチャナートの言葉を無視
して買う。美味しいとか美味しくないというのは個人差が大きい。
俺には美味しいかもしれない。大きなお世話だ。
食って見ると、酸っぱい。こういう時は添付の塩唐辛子をつけて食べるのだ。
うーん、ヤッパリ美味しくない。草を食っている感じだ。

2010/5/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カノムトンムアン

P1150922pct13

筒状の菓子で八橋か瓦煎餅に似ている。
ちょっとだけ甘くて美味しい菓子だ。
この菓子なら飽きが来ないと思う。

2010/5/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マットン

P1140810pct13

リンゴほどの大きさの果物。ナンプラ、砂糖、唐辛子の汁につけてある。
果肉の表面に切り目を入れて売る。
中に白い柔らかな実がある。
果物にナンプラという組合せが、俺には馴染めない。
慣れてくると、この組合せが一番美味しい組合せになるのだろう。

2010/5/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

乾電池をタイで

単三乾電池なんて世界中何処にでもある。ところがその品質が
日本とタイではまるで違う。百円ショップで4個100円の単三乾電池
を持って行ったが、持参したものを使い切ってしまった。
一本9バーツなんて電池もあった。四本買うとほぼ日本円で百円
になる。値段が同じだから電池の持ちも同じと期待する。
ところがこれも簡単に死んでしまう。
露店では四本10バーツだったかな、バカ安のものがある。
そんなもんはスイッチを入れてまもなくお陀仏だ。
4本70から80バーツ出すと、百円ショップで買う日本のバッテリーと
同じ機能の電池を買える。これって日本円にすると倍の値段だ。
電池がなければ動かない電子機器が多い。
「単三電池なら何処でも手に入る」と簡単に考えてタイに行くと痛い
目にあう。

2010/6/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹筒餅米 カオラーム

P1140751pct13

竹筒の中に味付けした餅米と豆などを入れる。バナナの葉を竹筒
に押し込んでからココナッツの実の毛で蓋をする。
この竹筒を火にかけて、竹筒の中で餅米を蒸す。
昔の携帯食糧だったと思う。蓋さえ開けなければ、熱帯でも二、三
日は保存可能だろう。これをカオラームと言うらしい。
初めてこれを見た時、食い方が分からなかった。
長い棒で餅米を掻き出して食べた。(笑)

P1140755pct13

蓋を取り、竹筒を手でむしって開ける。俺は下手だからこんな剥き
方になってしまった。上手に竹の下の節までタイ人は綺麗に剥く。
この味は日本人の好みに合うと思う。

竹筒の太さによって値段が違うが、直径何ミリ以上がなんて固いこ
とは言わない。目分量だ。買う方も売る方もおおらかだ。

カオラームを作るのに、竹がなかったので、水道の配管用塩ビ管
を使った。これを食べた人が死んでしまったという事件がシンガポ
ールであったそうだ。笑い話のようだが、怖ろしい事件だ。

2010/5/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

マファイという果物

P1140350pct13

姿は竜眼に似た果物だ。ワンピ、 木奶果、サガリバナと日本語では言って
いる。英語ではビルマの葡萄と言う。多分、ビルマを植民地にした英国人が
これを見て、故郷の葡萄を思い出したのだろう。
言われて見れば葡萄に見えないこともない。

P1140352pct13


割ってみると種があり、その周りにねっとりしたものがある。それが甘い。

2010/4/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホイガップ貝を炒める

P1150474pct13

ヌチャナートの指導で子供が貝を炒めてくれた。
この貝の名前はホイガップと言い、淡水に棲む貝だ。
子供達も料理を作るのが楽しそうだ。
火加減を見ながら貝をかき回している。
出来上がった料理を持って来てくれた。
お世辞抜きによく出来た。塩加減もいいし、香りもいい。
子供が作ってくれたのが、何よりも嬉しい。

2010/5/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーヌング イズミダイの蒸し煮

P1150209pct13

この魚は英語でティラピア、タイ語でパーニン、日本語でイズミダイと言って
いる。スイートバジルと茸と一緒に蒸した料理だ。スイートバジルの香りは
いい。こんな茣蓙の上で出されると安物の料理に見えてしまうが、高級な
料理だ。日本ではタイの一種として売り出されるほどの魚だ。
白身で肉がしまっている。刺身で食っても、このようにタイ風に料理しても
なかなか美味しい魚だ。
「美味しいわよ」と言いながら楽しそうにヌチャナートは食べている。

2010/5/8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薩摩芋がタイにも

P1140325pct13

日本の薩摩芋は大きくて甘いと何時もヌチャナートは言う。
女は薩摩芋が好きだ。
大学芋を食べたら、その美味しさにヌチャナートは驚いた。
「これをタイで出来るかな?」
「うーん、出来ると思うけどタイのお芋は小さいのよ」
「ふーん・・・・」
「それに虫が食っていて苦いのよ」
「・・・」
こんな話しをしていた。

「サミイ!来てごらんなさいよ!お芋があるわよ!」
バイクの荷台に食べ物を積んだ行商人が来た。
袋に詰めたものを覗くと薩摩芋があった。
言われたように小さくて細い。大人の指ほどの太さだ。
これじゃ、大学芋を作るのはとても無理だ。
やってやれないことはないが、ちょっと気がひける。
芋を食ってみると甘いことは甘い。
そんなに不味いことはない。食える。
でもな、すじっぽい。芋の繊維が硬くて口に残る。
便秘によい効果があるけど・・・・・。

P1140328pct13

芋を切ってみると、白い芋と紫の芋が混じっている。
こんな所にも日本とタイの品質管理の差を感じてしまう。
日本の場合、白い芋と紫の芋が混在することは絶対にない。
日本の農業技術の高さに今更ながら感心する。

一定の品質を期待しながら、こんな芋で大学芋を作ることは不可能
だ。

終戦直後の食糧難の時代があった。そんな時でも白い芋と紫の芋
は混在していなかった。農林一号だか百号は高級品種で旨かった。
太白という品種もあった。これはこのタイの芋のように細くて水っぽ
くて旨い品種ではなかった。
金時というのもあったな。大きくて黄色い芋だった。
もうそんな芋はないだろう。

時代は変わった。紫の芋は特別な芋として注目を浴びている。
あんな芋は出来損ないか、異端の種だった。
それが美味しい芋とされるようになってしまった。

2010/4/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切ってから出す

タイ料理を食う食器は西洋料理で使うスプーンとフォークだ。
こんな食べ方は比較的新しい習慣だと思っている。
とにかく、この食べ方が現代では定着している。
西洋料理の場合、食卓で料理を切る必要があるから、ナイフがあ
る。料理を切る必要がないからタイ料理ではナイフを使わない?
ナイフを使わなくてもいいように最初から料理を切っている?
卵と鶏がどちらが先かという問題に似ている。

欧州でもその昔は各自がナイフを持って食事に招かれて行った。
食事中に暗殺されるのを恐れた王侯は、先を丸めたナイフを使う
ようになった。暗殺を恐れたタイの王室も食卓にナイフを用意しな
かったのでスプーンとフォークだけになったのか?
それが民間に伝わり、タイ料理ではナイフを使わなくなったのかも
しれないと個人的に想像している。
切るという動作をなくすため、食卓に出される料理は全て一口サイ
ズに切られている。

P1140704pct13

公園を歩き回り、疲れたし、腹もすいた。売店で串焼き肉と春巻様
の物を買った。
焼鳥を日本で買った場合、串のまま渡される。
俺たちは串を片手で持って、肉を咥えて串を引き抜く。
それが俺たちにとって当たり前の世界だが、考えて見ればちょっと
下品な食べ方だ。
肉を串から外しておいてから食う方が優雅に見える。

春巻も日本では揚げたままの姿で皿に盛って出される。
大きな春巻を箸で掴んで、タレにつけてかぶりつく。
これも上品な食べ方に見えないが、日本ではそれが普通の姿だ。
食べにくいが、この食べ方が普通だと思っているから、誰一人として、この食べ方に疑問をもたない。
春巻をタイで頼むと一口サイズに切ってくれる。この方が食べやす
いが見た目が綺麗ではない。
日本人は目で食うから、見た目の美しさを重要視する。
キツネ色に焦げた春巻の皮は美しく、食欲をそそる。

食べやすさを重要視するタイ人は、見た目は悪くなっても切って
から出す。

2010/5/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝籤をタイで

P1150412pct13

これは宝籤を売る人々だ。こうして自転車で村々を売りまわったり、
人々が集まる青空市場にやってくる。時には自転車を降りてレスト
ランの中に入ってきて売り込みをする。
これは政府が発行した正式な宝籤だから、正式な売値は80バーツ
だ。彼等から買うと手数料をとるので100バーツになる。

P1140897pct13

銀行の前で女が宝籤を売っていた。買おうとしたら、言い値を110
バーツに釣り上げた。その時、
「幸先が悪い。こりゃ外れるな。」と思ったら、やはり外れた。

P1140898pct13

通常は毎月1日に抽選が行われるが、5月1日は休日なので5月2日
に抽選が行われる。当選番号は宝籤局のホームページに掲載され
る。こんな当選番号の専門紙が発行されている。たしか3バーツだ。
何種類かの新聞がでているようだ。どの新聞を買っても同じ番号が
出ているのだが、縁起を担いでこの新聞を買った。
そんなの、当然のことだと分かっているが、この色の新聞だと当選
しているような気がするのだ。
新聞売りのオヤジが赤い新聞をだしたが、俺は水色の新聞を取った。
「こっちは縁起がいいのだ」
オヤジも理解して、ニヤッと笑った。

P1140899pct13

宝籤局の発表では無味乾燥な数字の羅列だけだが、新聞の裏側
にはこんな広告がぎっしりだ。

2010/5/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »