« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »

2010年7月17日 (土)

ナムプリック・クン 蝦の唐辛子味噌

P1160325pct13

これは蝦や蟹が大好きな日本人には驚愕の味だろう。
魚が好きなヌチャナートはこれが大好きだ。
食って見るといい味なんだが、もともと魚をあまり好まない俺には積極的に
食う味ではない。

蝦の刺身と言ったらよい料理がタイにある。生海老にナンプラと生ニンニク
、生唐辛子をかけた料理だ。
甘い蝦に強烈な唐辛子の辛味とニンニクの香りがつく。
ナムプリック・クンはこの蝦の刺身にちょっと似ている。蝦は茹でてある。
この蝦を香草と一緒に臼で突いて味噌のようにしたものだ。
野菜と一緒に食べてもいい。
熱いご飯にのせて食べるのもいい。

2010/7/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉唐辛子の佃煮

葉唐辛子の佃煮を戴いた。ヌチャナートはこれが唐辛子の葉とは知らない
らしい。
「これ塩っぱい葉なのよ。サミイは好きだと思うわ」
俺は葉唐辛子の佃煮は子供の頃から好きだった。
ピリッとした辛味がなんとも言えず熱いご飯にのせて食った。

いつもはタイ料理なのでこんなに塩っぱい物を食べない。
美味いと思って食っていたが、辛味を感じない。
佃煮を見ると唐辛子の種が入っているから辛いはずだ。
「ヌチャナート、これは辛いかい?」
「辛くないわ。塩っぱいだけよ」
葉唐辛子の佃煮がもつ辛味なんてタイ人には辛味に入らない。

2010/7/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

タバスコなどホットソース

アメリカにはタバスコをはじめとした辛い唐辛子ソースが数多くある。
総称してホットソースと言っている。
普通サイズのタバスコソースを一本買えば三ヶ月から半年はもった。
なにしろほんの少ししか垂らさないからそのくらいはもつ。
ラーメンやハンバーグにもタバスコソースをかけた。
一振りかければ十分に辛いと思った。

あるホットソースはハバネロ種の唐辛子を使っている。
そのラベルには「一滴で十分」と言う内容の英語が書かれている。
多分、一滴かければ一食分に十分と言う意味だと思う。
ハンバーグに一滴かけて、全体にホットソースを広げる。
そうすると辛味が味覚を刺激してハンバーグを美味しく食べられた。

今、俺は一口大に切ったハンバーグにホットソースを一滴かけて食べ
ている。小判型のハンバーグ一個を食い終わるまでに十滴はかけるだ
ろう。俺の辛味感覚は完全に狂ってタイ人のようになっている。
昔からタバスコソースを使っているので、俺はアメリカのホットソースを
食える。ヌチャナートなどタイの庶民はアメリカのホットソースを知らない。
辛ければ、唐辛子の辛味であればタイ人は好むかと言うとそうではない。
酸味のあるアメリカのホットソースをタイ人は好まない。

2010/7/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッカチョン

MP3でタイの音楽を聞いていた。そのなかにパッカチョンという言葉を繰り
返す歌があった。
「パッカチョンって何のこと?」俺には馬鹿チョンに聞こえる。
「アハハハ・・・・、奥さんが料理を作ってくれないので毎日パッカチョンで
食事をしているって言うのよ」

P1160281pct13

友達から戴いた料理を出しながらヌチャナートが言った。
「これがパッカチョンよ。食べてみる?」
「うん」
「野菜をこれにつけて食べるのよ。ご飯にかけても良いわ」
俺はご飯にかけて食ってみた。
たしかにこれだけで飯は食える。美味いと言える。
この味に近い物というと、スパゲッティにかけるミートソースだ。
ミートソースからイタリア風の香辛料バジルとかオリガノを抜き取って唐辛子
をいっぱい入れた味と言えば想像できるだろう。

2010/7/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物と健康広告7160

食べ物と健康広告7160

食い物と健康に関係があるのは例えば野菜を食えば便通がよくなるなど
経験的に分かっている。これを食えばあの病気がよくなるなんて話を広告
の中に探っている。いろいろな食い物が出てくるので、そのうちに何を食っ
ても健康になってしまうのではないかと思ってしまう。
食い物健康法には流行り廃りがある。もう朝バナナ健康法なんて聞かなく
なった。そんな物も見ていこう。
俺は出版社の回し者ではない。広告に書いてあることを正しいと信じている
わけではない。推奨もしていない。
食べ物と健康の関係を広告の中に探っているだけだ。

冷えとり「生姜」健康術 洋泉社 880円
生姜でからだを温めて冷えをとれば健康になる!
テレビや雑誌で話題沸騰!森島さんに教わる
毎日食べたい美味しい生姜のレシピ71
●生姜で病気知らず!麺英気力アップ・血液サラサラ・ダイエットにも効果的
●生姜は世界共通の温め食材だった!
うつ・ストレスも緩和する生姜パワー

「ゆほびか」誌 2010年09月号 マキノ出版
この号には食べ物と健康の関係の記事はないようだ。
ただ「半断食」でうつ・アトピー・耳鳴りなどがよくなるという記事の広告があった。
これが食い物と健康に関する広告かな。

「壮快」誌 2010年09月号 マイヘルス社・マキノ出版
医師も21キロ減
<グレープフルーツ酢>で9㌔10㌢やせ体臭が消えた 禁煙成功

<朝一番の水飲み>で25㌔17㌔速(丸囲み)やせた
緑内障、蓄膿症が改善
血糖値も正常化

大音量の耳鳴り、めまい、吐き気、難聴が改善!
性力も復活した<ハチの子の粉末>

「健康365」誌 2010年09月号 ㈱エイチアンドアイ
ハナビラタケとかラフマ葉エキスの効果が述べられているが、これ等は人
参、キャベツと言ったありふれた食べ物ではないので食べ物と健康関係の
広告ではないと考えることにした。

徘徊・興奮・妄想がよくなって認知症は大幅に改善!
全国150の病医院で使う「米ぬか脳活性食」
●大病・転職から七年後、気力がなえたが元気が戻り集中力も回復
●認知症の家系で物忘れが増えたが、のんだら地名・人名もスラスラ
●認知症による無気力・幻聴・体の傾きが改善し記憶力も向上した
●認知症ですぐ切れたがよくなり妻への粗暴も減って家庭は平穏

「わかさ」誌 2010年09月号 わかさ出版
女性は更年期後に高血圧が男性より増え防ぐ妙薬は
キナコ豆乳と夫の気遣い

頻尿ならスイカ糖、夏バテならトマト串をとれ

2010/07/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

コークア 肉の佃煮

P1160312pct13 

豚の挽肉があった。食べ物を無駄にしないためには、傷みやすい物から食
べなくてはいけない。ヌチャナートは別の料理を考えていたようだ。
俺が挽肉を食べなくてはいけないと言うと不満そうになにやら文句を言った。
今日はこの挽肉でパッカパオを食いたいと思っていたと言うより、パッカパオ
がでてくるだろうと予想していた。

出てきたものを見るとパッカパオではない。
「この料理は何と言うの?」
「コークアよ」
食って見ると、肉の唐辛子入り佃煮という感じだ。
これを熱い飯に乗せるとうまい。
簡単には腐らない料理だ。食べ残ったものはまた温めて食べればいい。
そう言えばタイに佃煮のような物はあったかな?
塩分を濃くして保存性を高めた食べ物があってもいいはずだ。
佃煮屋という業種が日本にはあるが、佃煮に特化した業種がタイにもあるのかな?

2010/7/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

茄子のシギ焼とボロニアソーセイジ

茄子のシギ焼はタイの青空市場にもある。緑色の茄子で日本の胡瓜ほどの
長さの茄子だ。これをどうやって食べたかな?小さな袋にナンプラと唐辛子
を入れてくれるので、それをつけながら食べたのかな?
熱々の茄子を食べた。美味かったという記憶がある。

「茄子を焼くけど、食べるでしょ?」
「うん」
焼いた茄子は簡単に食べられるが、茄子の皮を剥くのは火傷しそうになる
ほど熱い。茄子の皮を剥くヌチャナートに、指先を冷やす水を用意する。
「大丈夫よ、すぐ終わるから」そんなことを言いながら、手早く皮を剥く。
「これ、どうやって食べる?日本?タイ?」
日本風に食べるかそれともタイ風に食べるかという質問だ。
「・・・・」
「日本風で鰹節をかける?」
和風だと醤油と生姜だな。鰹節をかけるなんていつ覚えたんだ?
タイ風というとナムプリックで食べるのかな?タイ風に食べることにした。
「サミイは何でもタイ風に食べるのね」ヌチャナートは半分飽きれている。

P1160302pct13

出された物を見ると、予想していた物とまるで違う。
焼いた茄子の上にボロニヤソーセイジとミントの葉が乗っている。
ナンプラ、唐辛子とニンニクが入った甘酢がかかっている。
これの正しい食べ方は茄子の上に唐辛子、ニンニク、ソーセイジ、ミントを
乗せて食べるのだと言う。甘酢の中からミントの香りがでてくる。
この食べ方は日本人の発想にない。これもいいもんだ。
俺は美味いと思って食うのだが、日本人には十分に辛い料理かもしれない。
ほんの少ししか唐辛子が入っていないのだけどなぁーーーーー。

2010/7/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐辛子が七本

P1160293pct13

ピーマンと肉のタイ風炒め物だ。日本の普通の家庭料理と変わらない形だ。
料理の写真を見ただけでは味はわからない。タイ料理だから味は日本の物
とは全く違う。辛いのだ!

「ねぇー、辛いのはダメでしょ?」
日本人の俺に気を使っている。俺はそんなことに気を使う必要はない。
毎日、毎日タイ料理を食っているから、タイ人が普通に食べる辛さの料理を
食うことができる。
「普通でいいよ」
どういう風の吹き回しかヌチャナートは唐辛子を数えている。
いつもは適当に唐辛子をとって、数えもしない。
手づかみでだいたいの辛さがわかるようだ。
「七本いれるわね。いい?」
良いか悪いか聞かれても、俺には辛さの程度がわからない。
それが普通の量だと思ったから「いいよ」と答えていた。
これが二人前に使う唐辛子の量だと初めて分かった。
そうすると一人前に三本から四本の唐辛子が入るわけだ。
タイ料理は辛いと日本人が悲鳴をあげるのも頷ける。

2010/3/12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

ラオスのハンバーグ

P1160278pct13

「これを炒める、それとも焼く?」
うーん、どうしようかな?材料を見ると挽肉だ。
炒めると言うのはパッカパオだろう。焼くというのはハンバーグのことだろう。
どっちにしようかな?パッカパオも旨いけど、今日はやめよう。
そうすると焼くしかない。
「焼く!」にした。
どんな味と香りになるか想像がつく。香草を臼でポクポクとついている。
挽肉と香草を練り合わせて、お煎餅状にして焼き上げた。
ナムプリックと一緒に食べる。

ウチではハンバーグと言うとラオス風になる。
ヌチャナートはこれをラオス風ハンバーグと呼んでいるからタイ風ではない
のだろう。俺にはラオス風とタイ風の区別がつかない。
「ヌー、いつもラオス風のハンバーグだけど、タイ風のハンバーグってある
の?」
「タイ風のハンバーグねー。どんな物か知らないわ」
タイの東北部には挽肉を使ったこんな料理があるが、バンコック辺りには
ないのだろうか?

ウチではこれをハンバーグとヌチャナートは呼んでいるけど、本当はハン
バーグではなくて別の呼び方があるだろう。日本のレストランで出される
欧米風のハンバーグを思って食うと、このハンバーグは香りがきつい。
それにドミグラスソースではなくて、唐辛子がいっぱい入ったナムプリック
と一緒に食べる。
ハンバーグと聞いて、欧米風の味を期待する人にはきつーい味になる。

2010/7/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーミーナムと箸

P1160280pct13

「バーミーナムを食べるでしょ?」
「うん」
ここんとこ麺をよく食っているので、どうしようか迷ったが食べることにした。
俺がバーミーナムを作っても旨くないが、ヌチャナートが作ると旨い。
やはりタイの味になっている。俺が作ってもあの味にならない。
「出来たわよ!」
出されたバーミーナムを見て俺は笑い出した。
丼の上に乗せた箸が俺から見て完全に縦になっている。
俺たち日本人は箸を丼の上に横に置く。
ヌチャナートは何も考えず無意識にやったことだ。習慣と言うのは怖ろしい
物だ。俺がタイでバーミーナムを食っている途中で、箸を丼の上に置く時、
意識的にやらない限りきっと箸を横に置いて
いる。
食い終わった後も箸を横にしているだろう。

箸の置き方の違いを笑った後、バーミーナムを食いだしたがいつもの味
と何かが違う。
「あれ、なんだこの香り?」バイホアラパーの香りがする。
「バイホアラパーを入れたの?」
「そうよ。ベランダの物よ」嬉しそうにヌチャナートは答える。
自分の家で香草を採れることが相当嬉しいようだ。

2010/7/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャベツ炒め

P1160285pct13

俺は野菜を取らなくてはいけないのは知っている。
ヌチャナートは旦那の好きな料理を作る。
肉を好むのを知っているから肉料理になる。
それでますます野菜不足になる。
「今日は野菜を食うぞ」と宣言した。
野菜ならなんでもいい。キャベツがあった。
キャベツとソーセイジの炒め物になった。
これは珍しく辛くない。

2010/7/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

サムローは輪タク

タイのタクシーには四種類ある。
1 まずは普通の乗用車のタクシーで、車輌の良し悪しは別にして世界共通
のタクシーだ。

2 タクシーの中で目立つ物はトクトクだ。昔のミジェットのような乗り物で、
小型の三輪トラックの荷台に椅子をつけて走り回るタクシーだ。
アクセルを離す時かな、特徴あるトクトクという音がすることからトクトクと
呼ばれている。

3 街角に屯しているバイクも目立つ。彼等もモトサイと呼ばれるタクシーだ。
近道だからと言って道路を逆送する危険なタクシーなのだが、これしか乗り
物がないことが多々ある。今じゃ半分諦めの境地でモトサイを利用している。

Pct60

4 サムローと呼んでいる三輪の自転車タクシーがある。トクトクと同じく三輪
だ。トクトクにはエンジンがついているが、サムローにはついていない。
人が一生懸命にこぐから、間違って「人力車」と呼ぶ人がいる。
人力車というのは大きな車輪があり、梶棒を人が握って走る乗り物だ。
こちらから写真を戴いた。

http://blog.m3.com/syumi-syounikai/files/人力車.jpg

Jinrikishapct80

サムローも人の力で動かす乗り物だが、こちらは人の足が地面につかない。
足は自転車のペダルを踏んでいる。

今じゃもうないが、サムローと同じものが日本にもあった。
「輪」のある「タクシー」だから「リンタク、輪タク」と呼んでいた。
サムローを「人力車」と言うのは間違いだ。「リンタク」と呼ばなくてはいけない。

トクトクのことを英語ではmotorized rikshawと呼んでいる。
rikshawは日本語の人力車が訛ったものだ。つまり動力付人力車と言う意味
になる。サムローのことを英語ではrikshawと呼んでいる。つまり人力車だ。

最近、人力車は観光地で復活している。新しい感覚の輪タクが走っているが、
サムローのような形の輪タクはない。昔の輪タクを知らない人は、輪タクと
人力車を混同しちゃう。
くどいですが、サムローの正しい日本語は「輪タク」です。
「人力車」ではありません。

2010/7/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

タイにもろくろ首

ろくろ首はタイにもあります。ろくろ首の記事を以前アップするときに
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-b2d3.html)、タイ
のろくろ首の画像を探しまし
た。必要がない時にはいっぱい見つかるのに、
必要がある時には見つからないものです。

これが日本のろくろ首ですよね。この画像はたしかタイ関係の英語だか
タイ語のサイトで見つけたものです。
このような物に興味を持つ人はタイにもいるのですね。

Art_364124

ここにタイのろくろ首の画像がありましたのでお借りしました。
http://www.geocities.jp/saraibkk/mitfes.htm
首から下は肌がなくて内臓がむき出しになっているなんて発想が面白いで
しょ。それに比べて前の記事に書いた焼き物のろくろ首は可愛いですね。
内臓がむき出しになっているろくろ首はタイ独特な物だと思っていました。
ウイキペディアで見ると、ボルネオやマレーシアにも同じものがあるそうです。

Rokurokubiweb

タイのろくろ首は日本の伝承の「抜け首」に発想が似ています。
体と頭が別々になるという発想は日本もタイも同じです。
日本の場合、完全に頭だけが体と離れるんですが、タイの場合、頭と内臓
が一緒に体から抜けると考える所が
違います。

日本の場合、頭と体が離れる時、首は伸びませんが、タイの場合、首が
伸びます。タイのお化けは「抜け首」と「ろくろ首」の両方の性質をもって
います。欲張りなんでしょうか?
お化けの比較研究をする面白さがこれだけを見てもわかりますね。

2010/7/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉饅頭とメレンゲ

P1160274pct13

肉饅頭とメレンゲなんて関係ないと思うでしょう。
それが関係あるので驚いた。どう考えてもこの二つは結びつかない。
方や塩っぱい中華のスナックで、方や甘い西洋菓子だ。

菓子の安売り屋にカルメ焼のような形のメレンゲがあった。
「ああ、白いカルメ焼だ」と思うとなんとなく食いたくなった。メレンゲを
買い求めた。
甘い物を一つ食うともう残りはそれほど食いたくない。
ヌチャナートはメレンゲをちらっと見たが別に関心がなさそうだった。
この菓子をメレンゲと呼ぶことなんてヌチャナートは知るはずもない。

今日は日曜日だ。ヌチャナートは愛猫サダム・フセインと朝寝を楽しん
でいる。俺が起き出すとヌチャナートが言った。
「朝ごはんは自分で食べてね」
「うん」
「サラパオがあるでしょ。サラパオを温めるといいわ」
「・・・・・?・・・・??」
サラパオというのは肉饅頭のことだ。何を言っているのだ?
俺は聞き違いかと思った。どうやらメレンゲの形を見て肉饅頭と勘違
いしたらしいことがわかった。ヌチャナートにメレンゲを食べさせた。
「うん、美味しい」勘違いしたことを笑っていた。

人間って新しいものを見ると、その形に一番近い自分が知っている
ものを当てはめる。メレンゲなんて知らないけど、肉饅頭なら知って
いる。ヌチャナートはメレンゲを見てサラパオつまり肉饅頭だと思い
こんだ。

2010/7/11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐揚のスペアリブとナムプリック

P1160270pct13

スペアリブをガーリックと共にフライパンで炒めて、醤油と砂糖で作ったタレ
をからめて食べるのが好きだった。そんな中華風の食べ方はいつの間に
かなくなった。昔は美味いと思った食べ方だが、同じ物を今、食ったなら甘
すぎて美味いと思わないだろう。毎日が、タイ料理なので和食や中華風の
味の感覚が失われているのも確かだ。
あの頃美味いと思ったスペアリブ料理を再現しようとしても出来ない。

いつもヌチャナートがこんな風に料理するスペアリブを食べるようになった。
ニンニクを使うのは中華風と同じだ。オイスターソースやナンプラで味をつ
けてしばらく放っておく。そして油で揚げたものをナムプリックにつけて食う。
焙煎した唐辛子で作ったこのナムプリックは相当に辛いはずだ。
ナンプラに唐辛子をいれたのではない。
唐辛子にナンプラを加えて、唐辛子をふやかして柔らかくしたと思えばいい。
英語ではナムプリックは「chili sauce唐辛子ソース」となるが、これは液状の
ソースではなくて、どろどろの「chili paste 唐辛子ペースト」に近い。
スペアリブをつけたナムプリックには油が残る。
唐辛子の辛味と油の甘味が調和している油が混ざったナムプリックをご飯
に乗せて食べる。そんな食べ方を美味いと思うようになっている。
これを読んで、「美味そうだな」と試さないでください。
きっと唐辛子の辛さで参ってしまいます。
ハーハー、ヒーヒーとなっても俺には責任はない。

2010/7/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »