« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »

2010年8月28日 (土)

食べ物と健康広告8220

食べ物と健康の関係を広告の中に探っている。
今日はこんな広告を見た。
こないだは朝バナナダイエットが盛んだったが、今日の広告は
パイナップルだよ。
どうやらバナナでもパイナップルでもダイエットになるのだ。
それから納豆が健康によいと言う本の広告も目に入った。
俺は時間の流れと食べ物と健康の関係がどう取扱われるか見て
いるだけだ。
この本の内容を信じろとも、この本を買えとも言わない。
今は何を食うと体によいという広告ばかりだ。
研究が進み、昆布を食うとガンになるという広告がでるかもしれない。
それも食べ物と健康に関する広告だからここに取り上げるつもりだ。

------------------------------------------------

一週間でやせる
●10日で5キロやせて腸もキレイに体スッキリ
                        
パイナップルタイエット
①沢山食べてもOK! ②体重計に乗るのが楽しみ③ウエスト
と太ももがみるみる細くなる!④ビタミンBとCがいっぱい⑤酵素
パワーで体内脂肪を分解⑥食物繊維が豊富で便秘を改善!
  
●女優ジュデイ・マゼルが医師と相談して実践、大成功!
ハリウッドのスターが続々実行。
●ブドウの日、スイカの日もあり夏の味覚を楽しめるダイエット!

夏にピッタリ!

ジュデイ・マゼル著
定価840円
ダイナミックセラーズ出版

------------------------------------------------------------------------------

 重版出来!
日本人が知らなかった世界最高の健康食!
納豆の秘密
《納豆の驚くべき効果を医学的に証明!≫
怖い血管病に高い効果!
納豆は効く
ナットウキナーゼの血液サラサラ効果で三大病のガン、心疾患、
脳卒中を予防し、糖尿病や便秘に役立ち、更に頭をよくする理
想的食品
                        
●ナットウキナーゼを発見した
医学博士
 須見 洋行著
 定価1260円
ダイナミックセラーズ出版

2010/8/22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

屋台飯の焼鳥か

P1160582pct13

今日は焼鳥が食いたかった。食いたいものがはっきりしている時は
簡単だ。「ヤキトリ」と言えばヌチャナートはすぐに焼鳥を作ってくれ
る。素早く焼鳥を作ってくれたが焦げている。
俺達は肉の焦げを気にするが、タイ人はあまり気にしないようだ。
肉の焦げより生焼けの方を気にする。
多分、よく火が通っていれば安全だが、半生だと食中毒の危険性が
あるからだろう。熱帯の暑さと不衛生な環境、保冷設備を使わない
状況ではいつ食中毒が起きてもおかしくない。

大きな皿に飯を盛り、焼鳥をデンとのせる。隣には唐辛子ソースが
ある。屋台で食べる飯のようだが、屋台飯とはちょっと違う。
ナイフとフォークは屋台では使わないが、ウチの場合、ナイフと
フォークが出てきた。大きな肉は食いづらいから、ナイフで一口サイ
ズに切る。切った肉をフォークで刺して唐辛子ソースにつけて食べる
のだと思うだろう。ところがちがう。
唐辛子ソースに肉をつけるとソースが傷みやすいというのだ。
スプーンで唐辛子ソースを掬って肉にかける。
屋台の場合は一人の客の使い切りだから、肉を唐辛子ソースに
つけてもいい。客が帰ればそのソースは捨てる。
家庭の場合、ソースを捨てるわけにはいかないから、ソースが傷ま
ないように使わなくてはいけない。
それでソースを肉にかけるのだと思う。

俺は焼鳥を普通の飯で食っている。これを当たり前と思っている。
タイ東北部の人なら、餅米と一緒に焼鳥を食うのが普通なんだな。
焼鳥をおかずに飯を食うにも地方色があるんだ。

2010/8/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

胡瓜の炒め物

P1160564pct13

胡瓜を炒め物に使うなんてことを日本人はやらない。
漬物にするか生で齧るのが胡瓜の食べ方だと思っている。
サラダには使うな。夏の暑い時期には胡瓜を使った冷たいスープ
なんてものもある。
しかし炒め物に胡瓜を使うという発想は日本人にはない。
緑の胡瓜と赤い人参それに黒い茸と黄色い卵と彩りは賑やかだ。
「お肉なかったから、卵にしたのよ。綺麗でしょ?」
「ああ、綺麗だね」
野菜炒めだから塩っぱい味を想像している。
たしかに塩味があるのだが、卵の甘味を強く感じる。
胡瓜は柔らかくしなっとなっており、胡瓜独特の歯ざわりは失われ
ている。しかしこれも意外と旨い。

2010/8/22

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

ベランダ菜園は重宝か

ベランダにいろいろなハーブを植えたポットを置いてある。
ウチの料理はタイ料理だから、いろいろなハーブを使うのでベランダ
のハーブは便利だ。ハーブなんて大量に使う物ではない。
ちょっとだけあれば十分だ。それで料理研究家なんて人が
「ベランダにハーブがちょっとあると便利ですよ」なんて言う。
研究家なんて言うのだから、仕事であらゆる料理を作っている人
だ。料理の研究のためにいろいろなハーブを使うので、そんな人
にとってはベランダにちょっとハーブがあると便利だろう。
ところで、仕事で作った料理はどうするの?
自分で食べるの?誰かが食べてくれるの?
料理の材料費他は経費として請求できるし報酬が得られるから、
撮影とか取材が終わったなら料理研究家は自分で作っ
た料理を
食べないで捨ててしまっても構わない。
しかしウチとか一般の家庭では作った料理は食わなくてはいけな
い。食うために作った料理だし、生活がかかっているから捨てる
わけにはいかないという事情がある。
主婦は子供や旦那が好きな料理を作る。
子供や旦那はハーブを使った料理を好まない家庭ではハーブを使
うことは少ない。
ウチの場合、いくらハーブがあっても困ることはない特殊な家庭だ。
ハーブがあれば重宝だから枯れないように水遣りはかかさない。
普通の日本人の家庭でハーブを使う料理なんて一年に何回作る?
毎月一回はハーブを使う料理を作る?
多分、一年に3回か4回しかハーブを使わない。
ハーブと言っても何種類もある。その全種類をベランダに揃えてお
くの?そう考えるとベランダ菜園というのは便利そうに見えるけど、
邪魔だ。

ハーブがあるとベランダに緑ができて目に優しい。
唐辛子など白い花が咲き、緑の実がなって、赤くなるので見る楽しみ
がある。一本の唐辛子があれば日本人の家庭が一年に使う分くらい
の唐辛子がとれてしまう。
擬似農家を楽しむならベランダ菜園は楽しい。
でも実用面から見ると、ベランダにハーブを植えるのはどうだろうか?
最近は近所のスーパーでも生のハーブを売っており、手軽に入手でき
る。ベランダ菜園でハーブを作るより、必要な時にハーブを買って来た
方が便利だと俺は思う。

2010/8/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

ヤムプラムック ゲソのサラダ

P1160557pct13

今日はヤムプラムックを食べたいとヌチャナートが言い出した。
俺はイカの胴を使ったヤムプラムックが良いと言ったがヌチャナート
はゲソの方が良いと言う。
作るのはヌチャナートだから俺は負ける。
見かけはいつも通りのヤムプラムックが出てきた。
俺は一口食べた。
「これはいつもより辛いな」
俺が辛いと感じてもヌチャナートは辛いとは感じないはずだ。
ヌチャナートが味見をして「これは辛いわね」と言うので驚いた。
俺の辛味に対する感覚はタイ人並みになっているみたいだ。

タイで食事をすると「辛味はどうしますか?」とよく聞かれる。
外国人は辛い物を食べないから「ちょっとだけ」と答えが返ってくる
と相手は思っている。
俺が「普通に」と言うとちょっと意外だという顔をする。
中には「大丈夫?」というように俺の顔を覗き込む。
もう一度「普通に」と言う。
「辛いの」なんて言ったらとても辛くて食えないのを知っている。
ごく普通の辛さの料理なら何の問題もなく食べられる。
辛味が足りなくて辛味を加えたこともある。
それは俺を日本人と見て辛味を抑えた味付けにしたのかもしれない。

そうそうヤムプラムックだ。これは俺の好物の一つだ。
初めて食った時、これは旨いと感じた。
こういうものを食っていると暑さで食欲がなくなるということはない。

2010/8/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

ミントにしじみ

P1160570pct13

近所の公園に雑草が生えている。その中に野生だか野生化した
ミントがある。二月ほど前に背の高い雑草が刈り取られ、地面に
這いつくように生きていたミントは新鮮な緑だった。
そのミントを取ってきて料理に使った。

公園の傍を通りかかった。
「あっ、そうだ。ミントはどうなっている?夏草に覆われているだろ
う?」
ミントは夏草に覆われていたが、それでも頑張って背を伸ばしている。
そして薄紫の花を咲かせていた。
花の蜜を求めて小さな蝶々しじみが飛んできた。
しじみはミントの蜜がお気に入りらしく、何匹も集まっている。

俺は自然に生えているものを取って来て料理に使いたい。
都会ではそんなことはなかなかできるものではない。
俺がミントを取ってきても、ヌチャナートは「そのミントは美味しくない」
と言う。
美味しいミントと美味しくないミントの違いが俺にはわからない。
ベランダにあるミントも公園のミントも同じ香りがするんだけどな。

2010/8/23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬刺しはゲテモノか

町を走っていたら馬刺しの看板があった。
犬を食うタイ人はいるけど、馬を食うタイ人はいないのを知っている
俺はわざと言った。
「ヌチャナート、この店では馬の刺身を食えるよ」
「えっ?!なーに?」
「馬の刺身だよ」
「やだー!気持ち悪いっ!」
想像通りの反応だった。馬の肉は赤い肉だ。何が気持ち悪いんだ!
昆虫とか蛆虫を食っているタイ人の方がもっと気持ち悪い。
俺達にとって馬刺しはゲテモノではないが、タイ人にはゲテモノだ。

ゲテモノと言えばフィリッピンの卵を思い出した。
卵を割ると中から鶏になりかけたものが出てくる。
それが美味しいらしい。この卵はフィリッピンの人にとっては特別な卵
なんだ。生卵と鶏の刺身を食う日本人が、その中間である卵から生ま
れる直前の鶏を食えないなんておかしい。
頭では分かっているが、鶏になりかけた卵は気味が悪い。
卵の内部は無菌状態だから、鶏になりかけた卵は腐っていない。
想像だが、生卵は噛むことができないが、鶏になりかけた卵は固ゆで
卵のように噛む楽しみがあるのではないか?

俺達には生卵は美味い物だが、白人から見ると生卵は気持ち悪い
食い物だ。
こう見てくるとゲテモノという考えは偏見だと分かる。
昆虫を食べるのが普遍的だから、タイの人々は昆虫を美味しい
食材として眺めている。俺達はそれを見てゲテモノ食いと考える。

俺は海鼠が好きだが、タイ人から見たら絶対にゲテモノだ。
日本人はウナギを喜んで食うが、タイ人は食わない。
ゲテモノ食いは食文化なんだ。
犬を食う国や地域がある。動物愛護家が何と言おうとも犬を食べる
食文化を守るべきだ。動物愛護家は言う。
「犬はペットなんです。食うものではありません。牛豚は食うために
飼っているから食べてもいいのです。」
犬を食う国や地域の人々は食うために犬を飼っているのだから、
彼等は犬を食ってもいいはずだ。
自分達が持っている食文化を大切にしよう。
俺達から見て変な物を食べていても、それをゲテモノと蔑まず、
食文化として大切にしよう。

2010/8/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »