« 2010年8月22日 - 2010年8月28日 | トップページ | 2010年9月5日 - 2010年9月11日 »

2010年9月 2日 (木)

食べ物と健康9020

どんな食い物が健康によいのか食べ物と健康に関する広告を見て
いる。あいかわらずタマネギは健康によいという広告が多いな。
タマネギの効果として今月は高血圧と糖尿によいとなっている。
先月はどんな効果が書いてあったかな?
そのうちに宣伝にみるタマネギの効果を列挙しても面白いな。

今日の広告の中に面白い言葉を見つけた。
ダイエットという言葉だ。これはカタカナ英語でもともとの意味は
食餌とか食餌療法という意味だ。食事を上手に食べて無理なく痩せ
て健康体になろうというのがダイエットの意味だ。
ダイエットというのは食べることなんだな。
そのカタカナ英語の意味が日本語の中で変化してダイエットが痩身
と同じ意味になってしまった。
「安心」誌2010年10月号には体幹ダイエット!と称して骨盤スクワット
なんて体操を紹介してい
る。何キロやせてウエスト何センチ細くなった
なんて広告は言っている。
「はつらつ元気」誌2010年10月号にも似たような記事があった。
こちらは肩甲骨ほぐしダイエットだ
。肩をほぐすことだろうから、体操、
運動であって食べ物に関係がない。
英語がカタカナ英語になり、カタカナ英語の意味が日本語の中で変化
してしまう面白い例だ。

余計な話はそのくらいにして、食べ物と健康の関係を広告に見よう!

「はつらつ元気」誌 2010年10月号 芸文社

薬に頼らずヘモグロビンALC正常化!!鼻血、ひん尿もストップ!
糖尿病、高血圧、脳梗塞のしびれと言語障害が玉ネギワインで
続々改善!

別冊でこんな本の広告があった。

「ぜんぶよくなる!タマネギBook」 芸文社 定価860円
医者・体験者がすすめる最強レシピー
茹でる・漬ける・煎じる・炒める・・・・・・
タマネギをクスリにする利用法!
糖尿病 高血圧 脂肪太り 血液サラサラ最強野菜

こんな別冊もあった。
「お酢」で糖尿病を治す本 芸文社 定価860円
薬に頼らず自力で治す!
自宅でカンタン!血糖値からダイエットまで改善例続々!
大反響!! お酢の薬食レシピが一冊になって登場!!
血液、血管、代謝の万能薬!!

「夢21」誌 2010年10月号 わかさ出版
乳ガン、子宮ガンなど女性のガンは冷えのある人に多発し克服策は
腹巻とショウガ

腹巻をしてショウガを食べろということなのか、腹巻にショウガを入れて
おけというのかは、本を買って確認してください。
俺は食べろと言っているのだと思ってここに掲載した。

認知症 ウツも糖尿病も続々改善する大豆の症状別とり方

薄毛、白髪を一掃し黒髪を増やす黒ゴマのすごい力

「安心」誌 2010年10月号 マキノ出版社

玉ネギは高血圧 糖尿病の特効薬
血圧、血糖値が下がった!白内障が改善!片頭痛も解消

おやつコーヒーダイエット
大人気!23Kg 20Kg ストンとやせた
有名モデルも実践

2010/9/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

ゲンウンセンサイガイ 鶏肉春雨スープ

P1160632pct13

鶏肉と春雨を入れたタイのスープだ。
これだけ猛暑が続くと冷たい料理がいいと思うだろうが温かい料理
の方が旨い。熱帯の国タイを知らない人は、タイ人は冷たい料理だ
けを食っていると想像するかもしれない。冷蔵庫や冷凍庫が普及し、
冷たいものを食えるようになったのは近年のことだ。
昔は王様も庶民も冷蔵庫なしの生活をしていた。
誰もが常温あるいは温かい料理を食べていた。
冷蔵庫が普及したからタイ人の料理は冷たい料理が多くなったか?
そんなことはない。やはり温かい料理が多い。
冷たい料理はお腹に悪い。

タイ料理は一般的にフォークとスプーンで食べる。
スープや鶏肉、野菜はスプーンで食べることができるが、春雨は
スプーンでは取りにくい。箸を使わないと春雨を食べられない。
スプーンと箸で食べる珍しい形のタイ料理になる。
猛暑の中でも辛味のあるスープは食欲を刺激して、どんどん食う。

2010/8/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のインスタントラーメンも

日本のインスタントラーメンもタイ人が作るとタイの味になってしまう。
「お昼はマ・マーを食べてね」マ・マーはインスタントラーメンの代名
詞だ。
「うん」
「自分で作ってよ。あたし、寝てるからね!」
「やだよ、作ってくれよ」
自分でインスタントラーメンを作って食うつもりだった。
寝ると言ってたのに気が変わったらしく、ラーメンを作ってくれた。

塩味ラーメンだった。タイ人の好みからするとやはり塩っぱい。
「塩っぱいでしょ?お湯を入れる?」
「うん、そうだな」お湯を足してくれた。
麺を食うと、麺はタイ人好みの半茹でだ。
この固さをタイ人は腰があると表現するのだろうか?
「腰がある」という表現がタイ語にあるかどうか知らないが、なにか
それに相当する言葉があるはずだ。
「お酢、入れるでしょ?」
タイの屋台でバーミーナムを食う時には必ず酢を入れる。
それが普通の食べ方だ。
「唐辛子はこれでいい?」
焙煎して粉にした唐辛子を見せた。
「ああ、いいよ」
小匙一杯分の粉唐辛子を丼に入れた。
多くの日本人はそんなに唐辛子を入れたら目を回してしまう。
ヌチャナートは俺の顔を見ることもなく、当然のように粉唐辛子を
入れてしまった。この後に砂糖を入れるのかなと思ったら入れな
かった。よくタイ人はラーメンに砂糖を入れる。
俺は砂糖を入れる分量が分からないので入れない。
唐辛子と砂糖の比率がいいと実に奇妙ないい味になる。
こうやって食うと完全にタイの味になってしまった。

2010/8/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

梅干の効果

梅干をひとつご飯のなかに入れておくと、ご飯が長持ちすることを
日本人なら誰でも知っている。コンビニ弁当でも冬は梅干を入れない
が、夏になると梅干を入れる弁当がある。
梅干を入れる理由を知らなくとも、弁当に梅干が入っているのが当た
り前だと思っている。
食糧難の戦時中は飯の中に梅干をいれた弁当を「日の丸弁当」だ
なんて言っていた。同じ弁当でも時代によって呼び方が変わるんだ
な。決戦食だなんて勇ましい名前の食い物が新聞などに紹介され
ていた時代だ。

梅干の酸味は夏の暑さでは爽快感を与える。
汗をかいて不足した塩分やミネラルの補給に梅干は役立つ。
こんなことは日本人には常識だがタイ人にはなかなか理解して
もらえない。

それというのもタイには梅干がないからだ。
梅干をスーパーで見かけるが、それは日本人や日本食を欲しがって
いる人のために売られているものであって、タイの庶民、
普通の人を
対象にした商品ではない。
梅の塩漬けならタイにもある。これを乾燥させて梅干にするという
習慣はタイにはない。だからタイ人は梅干の効用を知らない。
一般的傾向としてタイ人は妊娠した女を除いて酸味を好まないから
梅干は不味い
食品なんだろうな。

俺はヌチャナートに「梅干をご飯にいれておくとご飯が長持ちする」と
言ってもヌチャナートは信じない。俺もむきになって「本当だよ!」と強
く言う。それでも梅干に腐敗防止効果があると信じられないみたいだ。

タイ人なら誰でも知っているが、俺達が知らないものってあるのでは
ないか?唐辛子をたくさん加えるのも雑菌の繁殖を抑えているのかも
しれないな。ある料理に入っているパクチーのにおいがいやだからと
言ってパクチーを除いて食べていると便秘になるなんてことがあるかも
れない。梅干は日本人の知恵だ。
タイ料理にはタイ人の知恵が隠されているはずだ。

2010/8/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムヤムガイ タイ風チキンスープ

P1160599oct30

俺が「焼鳥ガイピンを食いたい」というのに、ヌチャナートは
「そんなの美味しくないわよ。ダメよ!」と言う。
俺が食いたいというのに、ダメと言うことないだろ!
いくら強いことを言っても飯を作るのはヌチャナートだ。
俺は黙りこくる。

「出来たわよ」食卓に出されたものはトムヤムガイだった。
この味付は微妙なんだ。
マナオつまりライムを入れすぎて酸っぱくなっても美味しくない。
ココナッツミルクが多すぎると脂っこい。
塩味、唐辛子の辛味が重要だ。
酸味と辛味のバランスがとれていないと美味しくない。

こんなことを言ってもタイ料理を食べつけていない日本人には
ただ辛いだけで味の違いなんて分からないだろう。
辛い物を食い続けているタイ人はこの味の中に微妙な差を見つける。
「この味の微妙な差が分からぬか!」とタイ人は思っている。
「俺達の味覚は繊細だ!」とタイ人は思っているはずだ。
そう言いたくなる気持ちは分かるけどさ、毎日々、何年も唐辛子を
何本も食い続けないとタイ人が言う、繊細な味なんてわからない。

2010/8/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐辛子の辛味

毎日がタイ料理だから、いつの間にやら辛い料理に慣れてしまった。
唐辛子を食っても辛いと思わなくなっている。
一人前の料理に唐辛子が三本は入っているだろう。
それを繰り返し食っていれば、自然に辛味を感じなくなる。
それはタイ料理を食うには都合がいいのだが、困ったことが一つあ
る。辛味がないと食いづらくなったことだ。

昔は唐辛子を食うと口の中が火事になった気がした。
「辛味」と言うから辛味は味の一種だと考える。
生理学者の話では辛味は塩味、甘味のような味覚ではないらしい。
辛味は痛覚だという。そう言われても「辛~い!」と言うのは味のよう
な気がする。それじゃ、あの火事のような感覚はなんなのだ?
やはり、辛味は痛覚なのかな?

何を食ったのだろう?口の中に唐辛子の辛味が残っていた。
この感覚が痛いのか?多分、昔はこの痛みを火事と考えたのだと
思う。日本人の食事にはこのような痛みを伴うものはない。
それで唐辛子がちょっとでも入ると、辛い、痛い、つらい!となっ
てしまう。その辛味だか痛みが消えるまでの時間がとてつもなく
長く感じた。それで辛い物はもう食えないとなってしまった。

多分、今の俺はそんな痛みはすぐに消えるのを知っているから
気にしない。

2010/8/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイルサーディンのタイ風食べ方

今の日本はあちこちから食品を輸入している。
このオイルサーディンの原産国を見たらモロッコだった。
俺は原産国がどこだろうとあまり気にしない。
久し振りにオイルサーディンを使ったタイ料理を食ってみたかった。
「明日、これで料理を作ってくれよ」とヌチャナートに頼んでおいた。

「サミイが食べたい料理を作ったわ」
見ると、昨日、頼んでおいたオイルサーディンの料理だった。
いつものように、ニンニクの薄切り、唐辛子、薄荷、レモングラスが
入っている。生のニンニクは辛い。唐辛子も辛い。
これが薄荷の香りと油にまざりハーモニーができる。
旨いからついつい生のニンニクを食ってしまう。このにおいで後で困
るのは承知だ。
俺が旨そうに食っているのをヌチャナートは黙ってみている。
南国風な盛付でしょ。

P1160596pct13

ヌチャナートは別の料理を食っている。
「タイ料理はいいわ。飽きがこないんですもの」
俺は笑いを堪えた。日本人で和食が飽きたという奴がいるか?
いるわけない。タイ人にはタイ料理が一番いいのだ。
俺みたいな人間がおかしいのだ。
文句も不平も言わずに毎日、タイ料理を食っている俺の方がどうか
している。多くの日本人は何回かタイ料理を続けて出されると、もう
食欲をなくす。
「辛くていいわ」「いい辛味よ」
なんて言いながらヌチャナートは料理を食い続けている。
タイ人が言う、「いい辛味」というのは日本人が寿司を食った時に言
う「サビがきいた」に似ている。

2010/8/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

和製バーミーナーム

P1160585pct13

今日は飯がない。
「飯を炊こうか?」
「いらないわ」
「・・・・・」
「マ・マーがあるからいいわ」
マ・マーって、この間買ったインスタントラーメンのことか?
あのラーメンを食う積もりか?
話を聞くとやはりこの間のインスタントラーメンを食うようだ。
ラーメンは塩分多いのであまり食ってはいけない食べ物にしている。
「まっ、しょうがないな」俺はインスタントラーメンを食うことにした。
「簡単でいいわ」と言いながらラーメンを作っている。
インスタントラーメンだからすぐに出来る。
「できたわよ。食べてね」
見ると味付け卵を半分に切ったものと青い葉が入っている。
俺達が作るラーメンは長葱、鳴門、チャーシュウなどが入る。
日本のインスタントラーメンもこうするとタイ風に見える。
これに魚団子が入れば完全に見かけはタイラーメンだ。
スープを味見した。タイの香りがする。
青い葉はスイートバジルだった。
「どう?」
「うん、美味しいよ」
次に麺を食った。麺の茹で方もタイ風だった。
麺の茹で方にタイ風も日本風もあるかと思うでしょう。
それがあるんです。
屋台などに行くとインスタントラーメンの袋が置いてある。
最初のうちは「なんだインスタントラーメンか!」と馬鹿にして食わ
ない。そんな光景を何度も見ているうちに、食ってみたくなるから
不思議だ。実際にタイ人は屋台でインスタントラーメンを作って貰
っている。俺達には不思議に見えるが、タイの生活を知ればそれが
おかしなものではないと分かる。
インスタントラーメンを注文すると、店主はラーメンの袋を破って麺
を竹の柄がついた笊にいれる。笊をお湯にいれて麺を茹でる。
茹で方は笊をお湯の中で3ー4回上下させるだけだ。
麺の表面は柔らかくなるのだが芯は硬い。
それがタイ風の麺の茹で方だ。その程度に茹でるのが美味しい食
べ方と感じているようだ。
日本のラーメン屋のように芯が柔らかくなるまで茹でない。
スパゲッティのアルダンテなんて言われる茹で方ではない。

麺もスープもタイ風だ。屋台でバーミーナームを食っている気分に
なった。味も香りもタイ風とは言っても、もともとは日本のインスタン
トラーメンだ。こりゃ和製バーミーナムだ!!

ラーメンスープの塩味は濃い。俺には普通の塩味だが、タイ人に
は塩っぱ過ぎる。
「このスープ塩っぱいわ。サミイは塩っぱくないの?」
「普通だよ」
ヌチャナートはスープにお湯をたして味を薄めていた。
日本のインスタントラーメンとタイの物では塩味の強さが違う。
違いはそれだけではなかった。
麺の量が違う。日本の物は麺が多いがタイの物は麺が少ない。
そんな少ない麺の量に慣れているものだから、ヌチャナートには
食い切れない。
「ねぇー、ちょっと食べてよ」俺の器に麺をのせる。

日本のインスタントラーメンを使ってタイのバーミーナムができる。
これに唐辛子、酢、砂糖、ライムを加えれば完璧なタイラーメンだ!!!

2010/8/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月22日 - 2010年8月28日 | トップページ | 2010年9月5日 - 2010年9月11日 »