« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »

2010年9月 9日 (木)

ゲンマクワ

P1160698pct13

俺はこの料理はパットマクワだと思ったが、ヌチャナートはこれは
ゲンマクワだという。作った本人がゲンマクワというのだから、この
料理の名前はゲンマクワなんだろう。
俺にはパットマクワに見える。
ヌチャナートは俺の考えを見透かしたかのように、笑いながら
「これはゲンマクワよ。パットマクワじゃないわ」なんて言う。
渋々、俺はこの料理はゲンマクワと認めることにした。
ゲンマクワにしては汁が少なすぎる。
料理の名前はどうでもいいが、ちょっと辛味がある料理だ。
ベランダで摘み取った葉っぱと冷凍保存してあるレモングラスを使
っている。レモングラスは乾燥したものがあるはずだが、乾燥品より
冷凍品の方が香りがいい。
乾燥させたものは腐らないから、後から使えばいい。

2010/9/8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

カプサイシンでガンに

昨日のインターネット記事にカプサイシンが癌の原因になる、あるい
は癌を誘発するというようなこと
が書いてあった。カプサイシンと言う
のは唐辛子の辛味成分だ。
ウチはタイ料理を食べているから大量の唐辛子を使う。
否応無しに記事にひきつけられた。韓国の料理を食べている人も
同様にこの記事にひきつけられ
たことだろう。

これを読んだ人は唐辛子=>カプサイシン=>癌という図式を頭
に思い浮かべて、唐辛子を食う
と癌になると短絡的に考えてしま
う。科学者が行った実験は純粋なカプサイシンを使って動物実験を
行った結果だ。唐辛子の中にはカプサイシンの他にビタミンとかい
ろいろな成分が含まれているから、唐辛子を多
用しても癌の原因に
なるかどうかわからないと記事は書いている。
でもカプサイシン=>癌というショッキングな見出しを見た人はそん
な大切な注意書きに気づかず
、唐辛子=>癌と考えてしまう。

もし唐辛子=>癌が真実なら、唐辛子を大量に消費するインド、
東南アジア、朝鮮半島に癌患
者が多いという統計結果があっても
よさそうだ。まだまだ唐辛子と癌の関係はわからない。

毎日、辛い唐辛子を食いながら、この刺激的な味はなにか悪さを
するのではないかなと思うことが
ある。唐辛子の刺激でこの猛暑
の中で食欲が落ちることがない。
食欲があるというのは健康な証拠だ。これは唐辛子のおかげだ。
唐辛子は癌の遠因になる悪者なのか、食欲を刺激して病気を防
ぐ善玉なのか?
今後の科学の発展がその謎にせまるだろう。

2010/9/6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

茄子のタイ風サラダ

P1160688pct13

タイでよく見る丸い茄子が手に入った。ヌチャナートは大喜びだ。
「こんなありふれた茄子をタイでは食べようとは思わないのに、日本
に居ると食べたくなるのよ。不思議ね。」
人間って誰でも同じだ。日本では納豆を食わない人が、タイで納豆
を見ると無性に食いたくなる。まあそんなもんだな。
今日はこの丸茄子を使ってサラダにした。
サラダだから茄子は当然、生のままだ。日本人は生の茄子を食べ
ないが、タイ人はよく茄子を生で食べる。水茄子の栽培農家を訪ね
て、取立ての茄子をタレントが齧り、「うっめぇー」なんて言っている
番組があったな。生で食うことで水茄子の旨さを強調している。
茄子を生で食うなんて、俺達には異常に見えるが、タイ人から見る
と普通のことだ。

この丸い茄子には強い味や香りがないからどのようにも調理できる。
生で食っても旨い茄子だから、サラダにするともっとうまい。
ドレッシングには酸味や塩味に加えて唐辛子の辛味がある。
唐辛子の数を数えただけで、「もうゴメン!」となる人が多いと思う。
「このサラダ、旨いね。お隣さんは食べるかな?」
「無理よ!辛いって言うわ」
ちょっと固い茄子の皮を齧るとサクサクとなる。
辛味を感じるとふわーっとミントの香りがしてくる。

2010/9/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

鶏肉と糸瓜のラオス風スープ

P1160685pct13

ウチの料理はタイ料理だと思っていたら、どちらかと言うとラオス
料理なんだな。ヌチャナートはタイ風の味付けを好まない。
タイ東北部は地理的にもラオスに近く、歴史的にもラオスと関係が
深いからラオス料理が多くなる。ヌチャナートの姪や甥もタイ風の
料理を好む子供と、ラオス風の料理を好む子供に分かれる。
この料理は鶏肉と糸瓜を使ったラオス風のスープだ。
料理を作りながら味見をして「あー、いい味!」とヌチャナートは溜息
をついている。こちらの味付は俺のために作ったものだ。
ヌチャナートが食べるスープの味付は腐った魚のにおいがする。
俺にとっては悪臭だが、ヌチャナートには食欲をそそる好ましい香り
なんだ。俺用のスープで飯を食う。
「辛いでしょ?」と言われたが辛味を感じない。
初めてこのスープを食べる人には相当に辛い味だろう。
温かいスープだと辛味を余計に強く感じるはずだ。

2010/9/5

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

苦瓜の赤い種

P1160680pct13

ベランダの苦瓜が爆発して種を飛び散らすのを見たかった。
そうかと言って本当に種が飛び散ってご近所に迷惑がかかるのも
困る。そこで苦瓜にポリ袋を被せておいた。
「今日は爆発するかな?」と期待をこめて苦瓜を見ていた。
爆発現場を見ようとベランダにでると苦瓜がない。
「あれれ?」苦瓜は何処にもない。ポリ袋も見当たらない。
そばに苦瓜の赤い種が干してあった。
ヌチャナートが爆発を待たないで種を取り出していた。
「もう、種が取れるから取っておいたの」
いつもは苦瓜の苗を買って来て植える。
来年は種から苦瓜を育てるつもりなんだろう。
小さなベランダで育てた苦瓜だが、随分お世話になった。
「今年はありがとう。来年も頼むよ!」
赤い小さな種に願いをこめた。

赤い種の写真を撮ろうとしたら、ヌチャナートは種を洗っていた。
そして種の周囲の赤い果肉を取り除いている。
もう一つあった爆発しそうな苦瓜の種もとって洗っている。
苦瓜の種を取った後はこんな感じになっている。

2010/9/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘチマと挽肉

P1160679pct13

車を走らせていると農協の直売所があった。車を駐車場に入れた。
「ヌー、ちょっと見てみようよ」
「暑いから嫌よ。ここで待っているからサミイが一人で行ったら!」
涼しい、車内から出たからない。
嫌がるヌチャナートを無理矢理 車から降ろして店に連れて行った。
最初は嫌がっていたのに、野菜の値段を見たら目の色が変わった。
「これ幾ら?あら安いわね!」
なんて言いながら野菜を物色し始めた。
ヘチマが5束ほどあった。ヘチマなんて日本人はあまり食べないが
タイ人はよく食べる。
いろいろな外国の野菜がスーパーに並んでいるが、まだヘチマは
並んでいない。ウチで食べる分だけのヘチマを手に取った。
「ああそうだ、これをタイ人のお友達にあげるわ」
友達の分を含めて棚にあったヘチマを全部買うことにした。

ヘチマと挽肉をナンプラで味付けして煮込んだ。
唐辛子が入っていないから辛くない。
柔らかなヘチマが口のなかでとろける。
俺はヘチマなんて風呂で体を洗うのに使う物で食べ物ではないと
思っていた。しかし、こうやって食うとヘチマは旨いもんだ。
漢字でヘチマのことを「糸瓜」と書く。まさしく瓜を煮込んだ味だ。
ゲテモノ食いと言うと蛇とか昆虫とか蛋白質のものを食うことを言う
場合が多い。初めて糸瓜を食うと聞いた時、俺は植物性ゲテモノ食
いだと思った。食って見ると糸瓜はゲテモノ食いではない。
立派な瓜料理だとわかる。

2010/9/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »