« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2010年9月24日 (金)

ラッタナーとカノムチン

俺は麺類が好きだ。ヌチャナートが麺類を好まないからウチでは麺
類があまり出ない。麺を食いたくなるとタイのインスタントバーミー
ナムを自分で作って食べる。たまにはヌチャナートがバーミーナムを
作ってくれる。同じ麺を使って作るのだが、ヌチャナートが作るとタイ
の味になり、俺が作ると日本のラーメンに唐辛子をどっさり加えた味
になる。
バーミーナムなら作ってくれることもあるが、ヤキソバはあまり作ら
ないな。ヌチャナートが麺類を好まないと言っても例外はある。
それはカノムチンだ。カノムチンは素麺を使ったつけ麺のような
ものだ。俺はカノムチンを食べないが、ヌチャナートはよく食べてい
る。

今日はラッタナーを俺のために作ったが、ヌチャナート用にはカノム
チンを作っている。ラッタナーと言うのは揚げ麺に餡をかけたものだ
から全ての素材に熱がかかっている。
それに対してカノムチンに使う野菜は生野菜を使う。
野菜の中で欠かせないのは生もやしだ。
もやしを生で食べたことあります?豆特有のにおいがぷんとする。
俺はあのにおいが苦手だが、タイ人は気にしない。
ラッタナーの上にのっているミントの葉は緑がないと写真写りが悪い
からと飾りにのせたものだ。

俺がラッタナーを食い、ヌチャナートがカノムチンを食っている。
同じ食卓で別々な食事を取っている姿は異様な感じがする。

2010/9/23

P1160850pct13

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年9月23日 (木)

烏賊のパッカパオ

P1160836pct13

小さな烏賊でパッカパオを作ろうと言い出した。
烏賊のパッカパオなんて今まで食ったことがない。
返事をためらっていた。
俺はどんな味になるのか想像していた。
パッカパオというのだから、あんな味だろうな。
烏賊のにおいはどうなんだろう。加熱された烏賊の臭いが鼻につく
のではないか?
「美味しいわよ。」と言われると試してみたくなった。
「うん」
小さな烏賊なのに黒い墨を沢山持っていた。
「この黒いのがあると美味しくないのよ」
丁寧に黒い袋を取り除いて烏賊を洗う。

さっそく味見をする。パッカパオの味だ。
烏賊を食ってみた。小さな烏賊なので肉が柔らかい。
俺が心配していた烏賊独特のにおいはない。
魚が好きな人にはたまらない美味しさだろうな。

2010/9/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌチャナート風卵スープ

P1160844pct13

欧米の食事の場合、スープは必ずでてくるものだ。
和食の場合も、味噌汁か澄まし汁が付くのが常識だ。
タイ料理の場合、俺の経験範囲では必ずしもスープがでてくるとは
限らない。俺がでたことがない、タイ王宮での晩餐会などではどう
なんだろう?スープがつきものだろうか?

少なくともウチでは食事にスープが欲しいかどうかまず決める必要
がある。和食だったなら、味噌汁は暗黙の了解事項だから、一歩先
に進んで、味噌汁の具を何にするかだ
け考える。
こんな所にも和食とタイ料理の違いがでている。
俺にはこの小さな違いが面白いと思える。

食事にスープをつけるかどうか聞かれた。
「うーん、どうしようかな?スープが欲しいな」
「卵スープでいい?」
「うん」俺は錦糸卵のスープを期待していた。
スープと共に糸のような卵がすーっと口に入る味を想像していたか
ら、このスープを見て驚いた。溶き卵が固まって団子になっている。
団子をスプーンで切り分けながらスープを食べた。
この料理は名前のつけようがない。
しょうがないからヌチャナート風卵スープと呼ぶことにした。

2010/9/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

ヤムクラポンパ 缶詰の魚のサラダ

P1160842pct13

俺は餓鬼の頃から鮭の缶詰が好きだった。
俺は鮭の缶詰をシャケ缶と呼んでいた。
赤い鮭の肉よりも真ん中にある白い鮭の骨が好きだった。
骨は硬そうな姿をしている。しかし熱がかかっているので噛むとぽろっ
と砕ける。その砕ける感触が好きだった。
鮭缶をあけるとまず骨を食った。
俺と同じ記憶をもつ人が缶詰会社にいたのだろう。
鮭の中骨を缶詰にしてくれた。子供の頃に旨いと思った記憶がある
から、鮭の中骨の缶詰を時々買う。
「これ、骨の缶詰だよ」
「なんで、骨なんて買うのよ?」
中骨の缶詰の旨さを知らないヌチャナートは呆れていたが、缶をあけ
て味見をすると美味しいと言っていた。

中骨の缶詰を使ってタイ風サラダを作ってもらう。
レモングラスを使うのだが、乾燥品、冷凍品よりも生の物が美味しい。
幸いにもベランダのレモングラスは大きくなっている。
今年は猛暑が続いたのでレモングラスの成育がいい。今までに見た
ことがないほど元気だ。

レモングラスの他に玉ネギや唐辛子を入れる。
サラダに生唐辛子なんて日本人の発想にはない。
彩り程度に唐辛子を散らすことはあっても、味付けのために唐辛子
を入れない。
「唐辛子をとってよ」
冷蔵庫の傍にいる俺に言う。
俺はサラダに入れる唐辛子だとわかっているので、唐辛子を二本だ
け取り出して渡した。
「二本で良いの?三本にしなさいよ」
「いや、二本でいい」
サラダのような単調な味に三本も唐辛子を入れたらどのくらい辛い
か経験的にわかっている。今日はレモンがなかったので酸味は酢を
使うことにした。
俺が想像していた味のサラダがでてきたので大満足。

缶詰のシャケの中骨に醤油を垂らして食うのも旨いけど、これじゃ
料理ではない。人の手を加えて見栄えをよくすると料理になる。
缶詰が料理になるのを見ると嬉しくなる。

缶詰の中身はサラダになった。美味しい出汁のきいた水はスープ
にした。缶詰の全てを無駄にしないで食ってしまうことも達成感に
似た物を感じる。

2010/9/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

野菜の味噌和え

P1160800pct13

「味噌、どうする?まだある?」
「もうないわ。全部食べちゃったわ」
ウチじゃ味噌なんて滅多に使わないから、少量しかいらない。
味噌工場の直売で買った物なんて長いこと冷蔵庫にあった。
それに懲りて、小さな包装の物を買うようにしている。
味噌を使った料理をヌチャナートは覚えてきた。
それで時々、味噌を使うことがある。

今日は野菜を茹でて味噌で和えた。
味噌にはわさびが入っている。わさびが不足しているらしい。
「わさびがない時はマスタードでもいいんだよ」
「マスタードは美味しくないわ。わさびの方が美味しいわよ」
タイでの生活ではヌチャナートはわさびなんて知らなかった。
日本に来てわさびを知ったら、わさびが気に入ってしまった。
味噌にわさび、味醂などを加えて和風の味にしている。
野菜の味噌和えという日本の料理がでてきたが、よく見ると赤い唐辛子が
入っている。
「うーん、やっぱり唐辛子が入らないとダメなんだ」

2010/9/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

ゲンウンセンガイ 鶏入り春雨スープ

P1160804pct13

なんとなく腹が減った。ベランダの苦瓜の葉などを摘んできた。
これを使って料理を作るがちょっと材料が不足だ。
「ねぇー、春雨をいれるわね」
「うん」
春雨が増量になっている。
いつものように田舎の味付けスープが出来上がる。
春雨はスプーンでは食べにくいから箸で取る。
それをご飯にのせる。スープをその上からかけて食べる。
少々の辛味が食欲を刺激し、もう一口食いたくなる。

2010/9/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

パットホイ 蛤のタイ風炒め

P1160780pct13

この蛤は中国の養殖物だそうだ。俺がこの蛤を買う気になったのは
貝の模様だ。最近見かける蛤の貝の模様は俺が子供の頃に見た
模様と違う。この蛤の模様は子供の頃を思いださせる。
日本の稚貝を中国に持って行き養殖したのではないかと思ってしまう。

この蛤をタイ風に炒めた。ベランダの香草を加えた香り高い料理だ。
この料理なら誰にでもあうのではないかな。
見た目も楽しい。

2010/9/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚好きな人

最近、魚好きな人の気持ちがわかるようになった。
魚って姿、形がみな違う。
味や色まで違う。
煮るより焼いた方が美味しい魚がある。
鯛の兜焼なんて場所ごとに味が違うので楽しい。
煮つけが旨いと言う魚もある。
料理人から見ると、肉より魚の方が自分の技を発揮できるのでは
ないかな?

魚ならなんでも好きというヌチャナートの影響をうけたのかな?
それもある。
香草と唐辛子がたっぷり入った煮魚料理や魚のスープがタイにも
ある。当然、タイ料理の香りがする。
それでも魚のにおいがすると俺は手がでない。
煮魚のにおいが気にならないようになると、もっと魚を食べるだろう。

2010/9/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »