« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月 9日 (土)

刺身とタイ人

今日は旨そうなホタテがあった。ヌチャナートはこれを刺身で食うと
言う。ヌチャナートが日本に来た当時はタイ人が刺身を食うかどう
か、おっかなびっくり出してみた。
魚が好きなヌチャナートは魚の新しい食べ方が気に入った。
今では新鮮な魚があれば刺身にして食べるのを好むようになった。
「日本では魚が新鮮だから刺身にして食べられるのよ。タイの魚は
ダメよ」刺身を食うたびに、同じことを言う。
タイの市場で見る魚で刺身にしたいと思う魚はない。淡水魚なら新
鮮な物があるけど、寄生虫が恐くて刺身にしたくない。

ホタテの刺身を食うと言っても二人と猫のサダム・フセインとで食べ
るだけだから、飾りつけなんて気にしない。
買ってきたパックをあけてそのまま食卓に乗せた。
「ここに醤油とわさびを入れてね」
小さな深めの鉢とたまり醤油を出してきた。
刺身にはたまり醤油の方が美味しいとヌチャナートは微妙なことを
言う。プラスチックのパックに乗ったホタテを食べるのだから、わさび
醤油を入れる容器なんてどうでもいいような気がする。しかし俺は
ちょっと気になった。
わさび醤油を入れる器は小皿に決まっている。小鉢に入ったわさび
醤油で食べると違和感を感じる。俺は小皿を出してきてわさび醤油
を移し変えた。
「刺身を食べる時に醤油を入れる器はこういうのを使うのだよ」
「あらそうなの?知らなかったわ」
刺身、わさび、醤油の組合せは学んだのだが、わさび醤油を入れる
器に習慣があることをヌチャナートは学んでいなかった。
ヌチャナートの失敗を見て、俺達がタイ料理を食べる時、タイの習
慣を無視して食べていることがあるのではないかなと反省材料に
なった。

器のことは別にして甘味がある柔らかなホタテだった。
猫のサダム・フセインも甘いホタテを喜んで食べる。

2010/10/8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやし炒めとタイ人

P1160876pct13

もやしを渡り蟹と卵と一緒に炒めた。
中華料理屋ではこれにライスをつけると定番の昼食メニュウもやし
炒めライスになる。ウチの場合、味付けは牡蠣油だから中華料理
屋の味付けとは違う。渡り蟹なんて中華料理屋では使わない。
たいてい豚肉の薄切りを使っている。
俺が作れば豚肉を使っただろう。渡り蟹を使うなんてタイ人らしい
発想だ。唐辛子は入っていないから、全然辛くない。

2010/10/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

野菜を食べろ

P1160878pct13

夜中になんだか腹の調子がおかしい。
トイレ に起きた。しかしなかなか便が出ない。
腹に溜まったガスが胃に入ったのだろうか吐き気がしだした。
何も出ないがゲェーッとやっていたらヌチャナートが目を覚ましてし
まった。
「どうしたの?」
「なんでもない、便が出ないだけだ」
「野菜をもっと食べなくちゃ駄目よ」
「うん」
そうだタイで買ってきたダイエット茶のようなものがあるのを思い
出した。ゲンノショウコが主成分だ。これを飲むと便がすーっとで
る。時々、これを飲むといいのだとトイレの中で考えていた。
ナンでもない時にはそんな茶があったことなんて思い出さないもん
だ。

夜中の出来事を覚えていたヌチャナートは野菜炒めを作ってくれた。
豚肉も入っていたが、野菜だけを食べて肉は残した。
「あらっ?お肉は食べないの?」
野菜にこだわっていたからなんとなく肉を避けていた。
食べ残した肉は煮物料理に加えた。
魚でも肉でもウチの場合、無駄に捨てることはない。

2010/10/2

| | コメント (0) | トラックバック (3)

カオパットが朝食

P1160854pct13

俺達日本人の食事は朝昼晩で食い物が違っている。
何を食ったと聞けば、それが朝食なのか夕食なのか推定できる。
例えば生卵に海苔と言えば、朝食らしいとなる。
日本の食事には緩やかな規則がある。朝からハンバーグを食うと
規則から反するから「それってちょっと変じゃない?」となる。

日本人だからわからないだけかもしれないが、タイの食事にはこの
ような規則性がない。
「そんなことないよ。ちゃんと規則性があるよ」
とタイ人に反論される可能性がある。
俺が見たところ、パートンコーはだいたい朝食と決まっているみたい
だな。お粥は朝食か酒を飲んだ最後の仕上げの飯のようだ。
その他は朝昼晩とも同じ物を食っていると見受ける。違うかな?
俺から見るとタイの食事には規則性はないと見える。

飯がほんの少しだけあった。新に飯を炊くのも面倒だ。
お粥にして二人で分け合って食べることもできる。
「これでカオパットを作るわ」
俺の大好きなカオパットだ。反対なんてしない。
豚の薄切り肉が入っている。
俺達の目から見ると、このカオパットは立派なタイ飯に見える。
しかしタイ人から見ると違和感があるかもしれない。
タイの市場やスーパーでは肉は塊で売っているが、薄切り肉を売っ
ているのを見たことがない。
「味付はタイなんだけど、この肉はタイ風じゃないな」
なんてタイ人は思うかもしれない。

俺達日本人の感覚では焼飯は昼か夜の飯だ。
それを朝から食べるのが、俺にはおかしい。
しかも生唐辛子と一緒に食べている。俺の食感覚は日本人離れし
てしまった。

2010/9/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで牛丼

P1160869pct13

いつもタイ料理ばかりなのでヌチャナートは気にしている。
「サミイはたまには日本の食事をしたいのではないの?」と思ってい
るようだ。俺は毎日がタイ料理でも全く気にしていない。
そうかと言ってヌチャナートが作れる和食は限られている。
冷奴と板ワサとたまご焼きは作れる。
今日はちょっと手の込んだ和食のようなものを作ってくれた。
まるで牛丼か牛皿だ。
味も醤油味だから、ヌチャナートから見れば和食だ。
でも赤い唐辛子が入っているから和食じゃない。
こんな辛い牛丼なんて日本人は食わない。

2010/9/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八保菜

P1160873pct13

ウチの料理とは関係ないがちょっと考えることがあったのでこんな看
板を紹介する。
町を歩いていたら「八保菜」と書いた看板が目に入った。
本日の看板メニュウのようだ。
「ハッポサイ?ハチホサイ?なんだこりゃ?聞いたことのないメニュ
ウだな」どんな料理なんだろうと考えてしまった。
どうやら八宝菜のことだと想像した。
「このラーメン屋の親父は八宝菜という漢字を知らないのだ」
自分の商売に使う料理の漢字を知らないなんて気の毒な親父だと
同情した。

ウチに帰ってから看板のことを思い出し考えを変えた。
「あれは八宝菜ではない。親父が考案した新しい料理だ」
今の流行の言葉で言えば創作料理だから八保菜でいいのだ。
店に入って食いもしないのに、看板だけを見てラーメン屋の親父は
勉強が足りないなんて思いこんだ自分を恥じた。

2010/9/30 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやし炒めとタイ人

P1160876pct13

もやしを渡り蟹と卵と一緒に炒めた。
中華料理屋ではこれにライスをつけると定番の昼食メニュウもやし炒
めライスになる。ウチの場合、味付けは牡蠣油だから中華料理屋の
味付けとは違う。渡り蟹なんて中華料理屋では使わない。
たいてい豚肉の薄切りを使っている。
俺が作れば豚肉を使っただろう。渡り蟹を使うなんてタイ人らしい発想
だ。唐辛子は入っていないから、全然辛くない。

2010/10/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »