« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »

2010年10月20日 (水)

カイダオ タイの卵焼

P1170004pct13

タイの卵焼も日本の卵焼も見かけは変わらない。
栄養的には少々違っているかもしれない。
鶏が違うからだ。タイの場合、鶏と言えば軍鶏だから卵も赤い。
日本じゃ赤い卵は高級品扱いをされる。

「今日はカイダオよ!卵は幾つ入れる?」
卵焼に使う卵は二つに決まっているわけではないが、三つは多す
ぎる。一つじゃ物足りない。だから二つということになる。

今日の目玉焼は欧風に片面しか焼いていない。
俺はどちらかと言うとこの焼き方が好きだ。
これにタイの醤油をかけた。タイの醤油はマジーソースに似た味
だ。胡椒もタイの粒胡椒を使っている。
食欲を刺激するために辛いタバスコソースをかける人もいるが、
ウチではベランダで取れた唐辛子が出てくる。
段々寒くなってきたので、唐辛子も大きな実にならない。

2010/10/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

べったら漬とタイ人

大根を酒粕で漬け込んだべったら漬というのがある。
こんな漬物はタイにはない。
甘味の強い食べ物をヌチャナートは好まない。
べったら漬なら余り甘味が強くないのでヌチャナートも好む筈だと
思った。食べさせると「あら、美味しいわね」と言っていた。
どうやらタイ人にもこの味なら受け入れて貰えそうだ。

ベッたら漬を食いながら沢庵を思い出した。
沢庵が弁当によく入っているのをヌチャナートは見ている。
しかし、沢庵が何切れ入っているかまで気にしていないはずだ。
弁当に沢庵を三切れ入れてはいけないなんて誰もヌチャナートに
注意しない。俺も注意していなかった。日本人には余りにも普通な
ことなので、誰でも知っていると思い込んでいた。
「弁当に沢庵を三切れ入れてはいけないんだよ」
「あら、なんで?」
「三切れは体が切れるからだ」
「・・・・・????」
日本語の解説から始めなくてはいけないのだが、面倒なので説明
は省略した。
それでも沢庵三切れは習慣に反していると理解したようだ。

多分、これと似た習慣がタイにもある。
俺達はそんな習慣を知らないから、タイ人から見るとおかしな食い
方をしていることだろう。

2010/10/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

パットテン メロンの炒め物

P1160980pct13

メロンの未熟果の野菜炒めだ。茸、玉ネギなどと一緒にメロンを炒
めた。「野菜炒めにメロンを?」と不思議に思うかも知れない。
でもメロンの未熟果は甘味がないので野菜として使える。
胡瓜を炒めるのと変わらない。
今は余り食べないメロンの未熟果だが、その美味しさや調理方法
が知られるにつれてだんだんこれも食べられるようになると思うな。

ナンプラとオイスターソースで味付けをしてある。
オイスターソースもタイからの輸入品を使っている。
今日の製品はいつものものと違う。
牡蠣の旨味が薄い。それと香りが違う。
タイから輸入したオイスターソースと言ってもそれぞれ味が違う。

2010/10/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロンのスープ

P1160965pct13

ちょっと見るとジャガイモみたいでしょう。これはジャガイモではなく
てメロンの未熟果なんだ。大きなメロ
ンを作るために形が悪いもの
や邪魔なメロンを摘果したものだと思う。
そんな未熟果を箱詰めにして売っていた。
これはヌチャナートの好物だ。
「ヌー!ここにメロンがあるよ。買うだろう?」
「あらっ!美味しそうね。大好きよ、買いましょうよ!」

今日はメロンの未熟果を使ってスープを作ってくれた。
未熟果は堅いがこれを煮込むと柔らかになる。
まるでナスを煮込んだような感触になる。
このあっさりした味がいい。

この未熟果を味噌漬けにしても美味しそうだと感じた。
タイでもこんな未熟果を売っているそうだが、気づかなかい。
珍しい形や色の果物や野菜が沢山あるタイの市場では地味な色
であまり目立たない形のメロンの
未熟果は気づきにくいのかもし
れない。

2010/10/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物と健康広告X160

食い物と健康の関係を広告の中に見ている。
人参を食うと何が治るとか、人参は何の薬だいったような内容の話
だ。

これにも流行があり、今回は生姜がナントカに効くという広告が多
いな。それから新型コラーゲンとか
進化型コラーゲンがいいという
広告が目に付いた。コラーゲンって新しい物があるの?
コラーゲンって動物のタンパク質だよね。
人間が猿から進化したように、コラーゲンも進化するの?
コラーゲンは食い物を構成する成分だ。コラーゲン自身は化学成分
みたいなもんだから食い物に分
類しない。

シルク微粉末が髪の毛によいという広告が相変わらずある。
まあ、多分その話は本当なのだろうが、果たしてシルク微粉末を
食い物の仲間に入れてもよいのだろ
うか?
シルクを食料にする研究が進められている。将来、人間が宇宙に
住むようになる、あるいは相当長
期間の宇宙滞在が必要になる
場合、宇宙船の中で食料を自給しなくてはいけない。その場合、
を飼って動物蛋白源にするようになる。
半分宇宙人のような生活をする人にとってはシルク微粉末は食
べ物だが、我々にとってはシルク微
粉末は薬のような感じだな。
シルク微粉末は食い物の仲間に入れないことにする。

ハナビラタケは茸の仲間だろうな?まさか竹の仲間ではあるまい。
しかしそんな茸はスーパーや八百屋で買えない。
一般に馴染みが薄い特殊な茸だから食べ物の仲間に入れるのは
苦しいな。

チベット秘伝の「食べる酸素」も食べると書いてあるが果たして食
べ物なのだろうか?詳しい内容を
知りたい人は本を買ってください。
俺は広告だけを見て判断しているから、「食べる酸素」は食い物
に分類しない。

「日本山ニンジンの葉」は高血圧によいそうだが、これも薬みたい
なもんだから食い物に分類しない。

「ビルベリーエキス」というのも食い物由来のものだ。ビルベリーは
日本語ではコケモモだ。コケモモを食べるのではなくて、コケモモ
の抽出物をとれということだから、これも食い物ではないと判断

る。

「ゆほびか」誌 2010年12月号 マキノ出版

今月号には食べ物と健康に関する広告はなかった。
チベット秘伝の「食べる酸素」というのがある。酸素って空気の成分
だ。炭水化物や脂肪にも酸素
は化合物として含まれている。
ある食い物を食うと酸素が遊離して体内で良い作用を起こす?
詳しいことは本を買って読んでください。

「壮快」誌 2010年12月号 マイヘルス社・マキノ出版
テレビで大脚光!<スーパーショウガ>で低体温足のしびれ、首
のこり、便秘が解消 脂肪燃焼ズボンの腹に孫が入った

「健康365」誌 2010年12月号 ㈱エイチアンドアイ

ビルベリーエキス、日本山ニンジンの葉、ハナビラタケ、シルク微
粉末がそれぞれ何かに効くという広告
はあるが、俺たちが普通に
考える食い物がある特定の病気に効くという広告はなかった。

「わかさ」誌 2010年12月号 わかさ出版
朝や晩にひざが痛む人はひざの血流不足が疑われ冷え取り力優
秀な手作りぬりショウガでぞくぞくと
解消!

ひざ痛は体重が一キロ減るだけで大幅に和らぎ減食せずに月に
三キロやせた新発見の減量食 ク
マザサ茶

2010/10/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »