« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »

2010年12月25日 (土)

タイの焼飯カオパット

最近、タイ料理を余り食べていない。ヌチャナートはタイ料理を作っ
て食べているのだが、その料理は俺の好みに合わない。
ヌチャナートは魚が好きなもんだから、魚を中心にした料理が多い。
俺は魚をあまり食べないから、そんな料理は遠慮する。
俺が食わないと知っているから、自分の好きな味にしている。
そうなると俺はますます、その魚料理から遠ざかる。

「タイ料理が好きだ」と言う日本人もいるけど、それは日本人にも
食べられる味、或は日本人向きに調整したタイ料理だから食べ
られるのだと思うな。
毎日、毎食がタイ料理と言ったタイ人の食生活にどっぷり入ると、
「これはいただけない」なんて料理に出会ってしまう。
例えば作るところを見なければ食べられるのだが、腸の内容物
を入れる料理もある。ごくごく普通のタイ人の食生活に入ると、
日本人には食えないタイ料理というのも多いよ。
俺達から見ると不味い料理をタイ人は美味しいと言って食べる。
これだから食の好みは面白く、探求したくなる人々がでてくる。

P1170287pct13

今日はタイの焼飯、カオパットが出てきた。
「お粥を作る?それとも焼飯がいい?」
どっちにするか迷ったが、焼飯を選んだ。
フライパンに飯を入れると、そのままほったらかしにしている。
時々、掻き混ぜるだけだ。
それでぱりっとした焼飯が出来ちゃう。
飯粒も光っているでしょ。
美味しいからと言って慌てて食べてはいけません。
ゆっくり噛んで食べなくてはとは思ってもついついぱくぱく食らい
つく。

2010/12/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

コンデンスミルクとタイ人

コンデンスミルクをタイ人はよく使う。タイ料理は辛い物というイメージ
が俺達の中に出来上がっている。
そのイメージでほぼ間違いないのだが、辛い物と同時にタイ人は甘
い物を好む。町の屋台などでコーヒーを頼むとコンデンスミルクをた
っぷり入れてくれる。その他にもコンデンスミルクはよく使う。

先日の買物でコンデンスミルクを見つけた。
ヌチャナートはそれを買うという。日本人のコンデンスミルクの使い
方は赤い苺にかける事が多い。
その店もコンデンスミルクを苺の売り場においてあった。

コーヒーにでも入れるのだろうと思いながら、コンデンスミルクを買
った。朝食にパンを食べるのもウチでは珍しいことだ。
どういう風の吹き回しか、パンで朝食をとることになった。
俺はバターを塗ってパンを食べているのに、ヌチャナートはコンデン
スミルクをつけて食べている。
「甘くて美味しいわ」
多分、俺も子供の頃はそんな食べ方を美味しいと思ったはずだ。

「ああ、こんなコンデンスミルクの使い方もタイにはあるのだ」

2010/12/22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

タイ族の味の伝統

日本人には和食の味の伝統があるようにタイ人にも昔から伝えら
れた味の伝統がある。子供の頃に食べた味が脳にすりこまれ、
それが美味い味として記憶され代々受け継がれて行く。

スパゲッティと言う食べ物は近年になってタイに入り込んだ食べ
物だ。写真などでスパゲッティは見ているが、本物のイタリアの
味を多くのタイ人は知らない。
料理本などでスパゲッティをどうやって作るのか研究する人もいる
だろうが、そんな人は少ない。
多くの庶民は味の研究なんてする余裕がないからだ。
写真をみればトマトケチャップと肉を使うのが基本と分かる。
本物のスパゲッティを食ったことがないから、味は想像するしか
ない。タイ人が美味しいと思う味付になるのは当然だ。

以前、タイの田舎で食べた不味いスパゲッティの味について書いた。
目の前の鉄板でスパゲッティを作ってくれる。なんだか変な物を加え
ている。
「オイオイ、スパゲッティにはそんなもん入れんなよ!」
と思いつつ彼の動作を見ていた。
甘ったるくて不味いスパゲッティが出来てきた。
「こんなもんが売れるのか?」と周囲を見回すと、それを美味しそう
に食べている客がいる。
この味はタイ人の好みに合っているのだと理解した。

ヌチャナートが「スパゲッティを作ってあげるわ」と言い出した。
大丈夫かなと不安を感じながらも、どんな味になるのか楽しみだっ
た。スパゲッティなんてあまり食べることがないヌチャナートが作る
味だ。一応、イタリアの野菜ズッキーニなんて用意している。
見た目と形はスパゲッティらしきものになっている。
イタリアだって地方によってスパゲッティの食べ方や味が違う。
これがナポリ風なのか、ミラノ風なのか俺にはわからないが、イタ
リアの何処かではこのような食べ方をしているはずだ。
見かけは合格だ。

一口、スパゲッティを食ってみた。
「ああ、あの不味いタイのスパゲッティの味だ!」
「どう?」
「食べてごらん」
「あら、美味しいわね。よくできているわ」ヌチャナートは自画自賛し
ている。

スパゲッティをこのように甘口にすると美味しいと感じるのはタイ人
の伝統的な味覚、民族の味覚なんだと実感した。
本格的なイタリアの味をタイ人に食べさせても、伝統的な味の好み
から外れているのでタイ人はそれを美味しいと言わないだろう。
ケチャップに砂糖とナンプラとココナッツを加えると美味しくなるな
んて感じるだろうな。

昔から伝わっている味の好みを変化させるのは極めて難しいとい
うことをヌチャナートのスパゲッティから実感した。

P1170272pct13

「タイのような低開発の国の人だから、スパゲッティの味がわかん
ないのよ!」
なんて思う人がいるだろう。それはとんでもない思い違いだ。
日本にだって鱈子スパゲッティとか刻んだ海苔を散らした和風スパ
ゲッティなんてものがある。俺達はそれを美味いと思って食うが、
外国人が気持ち悪いと感じても不思議はない。
あれは大和民族の味覚なんだ。
俺達だって西洋料理に醤油をかけて「美味くなった」なんて言って
いる。タイの不味いスパゲッティだって、タイ人にすれば「これが美
味しいスパゲッティの正しい食べ方なんだ!」となる。
民族ごとに味覚の差がある。その差を楽しまなくてはいけないと思
っているが、違うかな?

2010/12/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

和風お粥

P1170262pct13

「カオツムを食べるでしょ?」朝粥か。まあいいだろう。
「うん」
俺はタイ風のお粥が出てくるものだと思っていた。
食卓を見ると、白い粥の上になめたけが乗っている。
「あれれ?これじゃ和風のお粥だな。」
なんだか病人食みたいだ。いつもタイ料理ばかり食べているので
こんな料理が新鮮に見える。
「茸が美味しいわよ。掻き回して食べてね」
掻き混ぜて食べると美味しいのはわかっているが、掻き混ぜると
白いお粥が茶色になる。
今朝は何故かお粥を白いまま食べたかった。できるだけ白い粥を
汚さないように、なめたけを白い粥にのせてスプーンで食べた。
さっぱりして美味しい味だ。これって日本の味だと思っていると、お
粥の底には豚肉があった。
やはりタイの食習慣から脱却できていないのだ。

2010/12/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

スープの温度

寿司屋と言っても回転寿司なんだが、そこで魚の赤だしを注文した。
「いい香りね」なんてヌチャナートが言うので驚いた。
強い味噌の香りを白人は嫌う。この日本独特の香りを日本人は好
むがタイ人は好まないはずだ。それをいい香りと言うから俺は驚い
た。次に「熱くて美味しいわね」なんて言う。
俺はタイで飲むスープの温度を思い出した。
味噌汁のように熱いスープをタイでは飲まない。
もしふーっふーっ言わなくてはいけないような熱いスープを出した
ならタイ料理の革命になるのではないかと思った。
「もし、タイでこのように熱いスープをだしたら面白いのではない
かな?」
「駄目よ。タイのスープをこんなに熱くしたら美味しくないわ」

タイにも鍋料理はあるが、アツアツのおでんとか、熱い味噌汁の
ような火傷をするような温度の料理はない。
タイ人は猫舌なのか?そうでなくとも暑い国だ。
そこでアツアツ料理なんて食えないというお国柄なのかもしれない。

2010/12/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

食べ物と健康広告Z190

寺の境内で竹細工を売っている女がいた。彼女は手を動かしなが
らよく喋る。客に商品の説明をする間も手を休めない。
そんな彼女がゴボウ茶を飲んでいると言っていた。
「ゴボウ茶はいいよ。トイレが近くなるんだけどね」なんて言って
いた。その時はふーんと思いながら話を聞いていた。
こんな広告が目に入った時、竹細工を売る女のことを思い出した。

-------------------------------------
読売テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』、
フジテレビ系『人志松本の○○な話』で話題沸騰!!

ゴボウ茶を飲むと20歳若返る!
Dr. ナグモの奇跡の若返り術
医学博士 南雲吉則「著」
定価1365円 ソフトバンククリエイティブ㈱

医師自ら実践する脅威の若返り&ダイエット法
「体重・脂肪が減って体調がよくなりました」(40歳女性)

2010/12/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムウサルウング

P1170250pct13

これってタイ風のサラダと呼んでもいいのではないか?
日本人の常識ではサラダは野菜が主体になり、魚や肉が野菜の
上にお飾りに乗るものだ。写真を見ると肉が主体になり野菜が少
ないからサラダじゃないと思うだろう。
実は、肉の下には茹でたキャベツがあるんだ。
じゃあ、タイ風サラダと呼ぶのを許してあげようなんて思ってくれ
るかな?
これをサラダと呼ぶかどうかは横に置いて、味を見よう。

ひとことで言うと辛い!とても辛い料理だ。
辛いのだが「うっ!美味い!」とうま味を感じる。
ニンニクの香りとミントの香りが合わさっている。
ベランダのミントは寒さで元気がなくなっているが、寒さに負けな
い元気な葉がある。茹でたキャベツの上に肉や唐辛子、ニンニク
をのせてドレッシングを絡めて食べる。

唐辛子の量を見ただけで辛そうで食べられないと思っちゃうだろ
うな。そんな人でもこの料理の彩りは愛でてくれるだろうな。

2010/12/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »