« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

2011年1月 1日 (土)

パットムウ 豚肉の炒め物

P1170315pct13

俺はこの料理をパットムウと呼んだが、ヌチャナートは別の名前で
呼んでいた。パットムウとは違うらしいのだ。
どちらの名称でも日本語なら豚肉の炒め物ということになる。
大量のニンニクと一緒に豚肉を炒めてナンプラで味付けしたもんだ。
写真を見て「なんだ、簡単な料理じゃないか!」なんて思うだろう。
簡単そうに見えて、いざ作って見ると難しい料理だ。
ニンニクに焦げ目をつけずにカリッとしたまま肉と炒めるにはコツ
がいる。炒めた肉にナムプリックをかけながら食べる。
唐辛子の辛味と狐色になったニンニクの香りが食欲をそそる。
辛いからタイ料理は苦手と言う人でもナムプリックの唐辛子を少な
めにすれば食べられる料理だ。

2010/12/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

唐辛子に思う

コロンブスがアメリカから唐辛子を持ち帰った。それから唐辛子が
全世界に瞬く間に広がったというのが通説になっている。
日本語では唐辛子と呼ぶ地域と南蛮と呼ぶ地域がある。
中国から伝わった地域では唐辛子と呼び、南蛮人が持ち込んだ
地域では南蛮と呼ぶそうだ。直接、中国から伝わったものもある
だろうが、朝鮮半島を通じて伝わったものも多いと思われる。
日本の仏教は肉食を禁じているが、モンゴルの影響を受けた朝
鮮半島では肉をよく食べる。肉を食べる時に唐辛子が使われる。
日本と朝鮮を比べると唐辛子の使用量は格段の差があり、朝鮮
の方が使用量が多い。
だから、俺達は唐辛子は朝鮮を通じて日本に入って来たものと思
ってしまう。朝鮮の人々は唐辛子は日本から伝わったと考えている。
豊臣秀吉が持ち込んだという説まである。

10数年前の冷夏の時だったと思う。キムチに使う唐辛子が不作で
韓国で大騒ぎになったことがある。
綺麗な赤とよい香りがする特定な唐辛子ができなかったのだ。
色を出すためなら唐辛子を沢山入れればいいじゃないかと俺達
は思ってしまう。そうすると辛すぎておいしいキムチが作れない。

もしかするとその特定の唐辛子こそ豊臣秀吉が持ち込んだ唐辛
子かもしれないと想像して一人でニヤリと笑ってしまう。

2010/12/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物と健康Z270

最近、これを食うと健康によいという食い物の広告がやたらと目に
入る。どんな食い物が健康によいのか見て行きましょう。
本当に健康によいのかどうかわからないが、少なくとも健康に良い
と信じられている物だ。さあ広告をみてみましょう。

「はつらつ元気」誌 2011年02月号 芸文社

しびれ 口渇、尿臭 こむら返りが消えた!
血糖値ヘモグロビンA1Cスルスル下がって薬いらず
玉ネギがあれば合併症と無縁!
驚○囲み文字実例が大続出!
糖尿病は楽々改善!

シミ 肝斑ゴルフ球大のシミが縮小!
跡形なし!
退散して毛穴ツルリ!
日本酒潤美白術

アカシアポリフェノールで糖尿病が回復とか非変性Ⅱ型コラーゲン
が膝、腰の痛みを改善という記事もあったが、これは食い物では
ないので除外しよう。

別冊でこんな本の広告があった。
先々月はショウガだったが、先月は玉ネギだった。今月もタマネ
ギだよ。

「ぜんぶよくなる!タマネギBOOK!」 芸文社 定価860円

今月は先月と同じくこんな宣伝になっている。
医者・体験者がすすめる切り札レシピ満載!!
糖尿病 高血圧 脂肪太り

「安心」誌 2011年02月号 マキノ出版社

マイタケで血糖値が下がると最新研究で判明!
10Kg 5Kgやせた!黒髪復活!

いいこと尽くめの「ミカン」大薬効
糖尿病から動脈硬化、メタボ、うつ、ガン予防まで!

「夢」誌 2011年02月号 わかさ出版
傷だらけ血管の解消には血管修復ホルモン増やしが肝心で妙薬
は血管を強めてつまりさえ溶かす粉大豆

キクイモで心臓の血管のつまりが消えた。脳梗塞が防げたと言う
記事もあったが、キクイモは八百屋やスーパーで簡単に買えるも
のではないので除外しておこうかな。
でもあちこちに自生しているから、とりあげようかな?
自分ひとりが自生しているものを取る分には充分すぎるほどある
けど、隣近所もとったなら直ぐに絶えてしまう。
やはり栽培作物でないと取り上げる意味がないな。

2010/12/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

魚の並べ方

P1170308pct13

寒くなったので鮟鱇を求めて商店街に行った。
どういうわけか商店街のどの魚屋にも鮟鱇がなかった。
鮟鱇をタイ風の鍋にすると美味しいよ。
姿は不恰好で肉はふにゃふにゃの鮟鱇を気持ち悪がってヌチャナー
トは食べないと思っていた。魚が大好きなヌチャナートは一度食べた
だけで鮟鱇が気に入った。どのくらい気に入ったかと言うと、
「アンコウ」という日本語を一度で覚えてしまうほど気に入った。
一度聞いただけで単語を覚える位だから、どのくらい気に入ったか
想像できるでしょ。

鮟鱇はなかったが安い魚がいろいろあった。
安いとあれもこれもと買い込んでくる。買物をして帰宅すると大変だ!
「新しいうちに処理しないと美味しくないのよ!」
ウロコを落としたり、ワタをとったり、切れ目をつけたり・・・・・・。
魚によって漬け込み方法が違う。
ただ塩漬けにするものもある。ご飯粒と一緒に漬け込むものもある。
漬け込みが終わると、熟成するのを待つだけだ。
絶対に腐らないから心配ない。

これもそんな塩漬けの魚だ。焦がしているのでヌチャナートは撮影
するのを嫌がっている。俺は焼魚を撮りたいのではない。
魚の並べ方が面白いので撮るのだ。
横長の皿には魚を横長に置くのが普通だと思うのだが、縦長に魚
を置いているのが面白い。
俺が思うに、タイ人は盛り付けとか飾りにあまり関心を示さない。
これもその一例かな?そんなことを言うと
「お前達日本人にはタイ料理の繊細さが見えないだけだ!」
なんてタイ人シェフから怒られるかな?
でも俺にはタイ料理には盛り付けの飾りがないと見えてしまうのだ。

2010/12/28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

ジャックフルーツのシチュウ

P1170301pct13

鶏皮を使って新しい料理を作れないか考えていた。
俺が買ってきた鶏皮をヌチャナートは見つけた。
その鶏皮を俺が食べたいのだと勘違いしたヌチャナートはそれを
揚げるか煮るか聞く。カラッと揚がった鶏皮は実に美味だ。
タイの市場では必ず一度は買って食べるほど俺の好物だ。
揚物はカロリーが高いので、煮物を作ってくれるように頼んだ。
俺は鶏皮を使った別の料理を考えている。鶏皮を全部使われては
困る。俺が使う分だけ鶏皮を残して置くように頼んだ。
「バナナ?それともジャックフルーツ?」
煮物に使う野菜を何にするかと聞いているのだ。
意外と思うかもしれないがバナナもジャックフルーツもタイでは
野菜として食べている。果物として食べる物は完熟しているが、
野菜として食べる物は未熟果だ。
俺はジャックフルーツを選んだ。
「出来たわよ」笑いながら料理を持ってきた。
「これね、タイの田舎の人が毎日、食べている料理なの」
「ふーん」
「こうすると何日も食べられるのよ」
「・・・・」
「お肉は高いから、鶏皮だけを買って来てこうやって煮るの」
「なるほどね」
貧困層の食べ物だからと言って馬鹿にしてはいけない。
誰だって美味しい物を食いたいから、貧困層だって味付けを工夫し
て美味しい物を作り上げる。
使っている素材が安価というだけだ。いい味が出ているよ。
この味はタイの田舎の家庭の味と言ってもよい。
タイ料理店へ行っても、食べられない料理なんだ。

2010/12/26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

ほうれん草の炒め物タイ版

P1170294pct13

これはタイ版のほうれん草の炒め物だ。俺はこの炒め物が好きだ。
ほうれん草を炒めるとこんなにも美味しくなるなんて知らなかった。
茹でたほうれん草を軽く絞り、鰹節をのせてから酢醤油をかける食
べ方とほうれん草を吸い物の具にちょっと入れる食べ方しか俺は
知らなかった。これも美味しい食べ方で好きだ。
ほうれん草を炒めると美味いのを知ったときは驚きだった。
初めての炒め物は塩コショウだけの味付けだったと思うな。
それでも新鮮な驚きだった。

ヌチャナートがほうれん草を炒めると言った。
タイ風の味も美味いはずだ。どんな味になるのか楽しみだった。
ナンプラと唐辛子の味付けも美味いもんだと喜んだ思い出がある。

今日もほうれん草を炒めてくれた。
濃い緑の中にある赤い唐辛子が際立っている。
これは辛い料理になるのか、俺にはもうわからない。
野菜の中にこんなに唐辛子が入っているのだから、恐らく多くの
日本人にはピリ辛以上の辛さだろう。
これを普通の味として食べている。

作り方は簡単だ。
縦割りにした二、三本の唐辛子とありあわせの肉を炒める。
ほうれん草を加えてナンプラで味付けするだけだ。
これを読んだだけで辛そうだと震え上がっちゃうかな・・・?

ほうれん草から出てきた汁が嘘偽りなく美味い。

2010/12/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »