« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2010年2月20日 (土)

卵焼きのタイ風食べ方

P1130922pct13

卵と挽肉を合わせて炒めたものだ。
こんな料理は世界中にあるからそれほど珍しくない。
飯の隣に卵焼きを盛りつけてある。
西洋人から見ると、飯と卵焼きの組合せは東洋的に見える。
俺たち日本人にはこの組合せは当たり前の姿だ。
でもちょっと違うのは飯の横に唐辛子ソースがあることだ。
この唐辛子ソースを卵にかけながら食べるところがタイ風なんだな。
好みによって違った味の唐辛子ソースを使えばよい。

2010/2/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬膳 便秘に効くゲンソムクン

P1130917pct13

たしかこの海老はトムヤンクンを作ると言って買った物だ。
俺もここ暫くトムヤンクンを食っていないので、それもいいなと思っ
ていた。ところがヌチャナートは気が変わった。
トムヤンクンではなくてゲンソムクンを作ると言い出した。
「ゲンソムクンにするわ。サミイは食べられないから、別の物を作っ
てあげるわ。何がいい?」
これと言って特別に食いたい物もない。
「同じゲンソムクンを食べるよ」
「これね、便秘に効く料理よ」
名前からして便秘に効きそうだなと思っていた。
便秘を治す効果は使っているタマリンドにある。
タマリンドをちょっと食べた。そして、海老と野菜をちょっとだけ食べ
てみた。この味なら魚介類をあまり食べない俺でも食べられる。
スープには海老を醗酵させた調味料ガピのにおいがある。
ガピには強烈な臭みがあるが、こうして薄めるとにおいが気になら
ない。

便秘に効くと言われるゲンソムを夕食にして寝た。
夜中になんだか便意を感じた。
眠い目を起こして、トイレに行くと便がでた。
これがゲンソムの効果かな?便秘はしていないから早めに効い
たのか??

ゲンソムはうまいからと言って、タイ旅行の移動中に食べると大変
だな。トイレ付のバスならともかく、トイレもエアコンもないバスだと苦
しい長時間の戦いになる。

2010/2/1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐辛子ソースを作る

昔々のことだった。屋台で飯を食ってホテルに戻ることにした。
その時はタイ料理の辛さと格闘しながら飯を食っていた筈だ。
まさに格闘という言葉がぴったりする。辛さに耐えて完食するのは
格闘技だ?それが嫌ならホテルの和食レストランで飯を食えばいい
のだが、それじゃ面白くない。
タイにいるのだから、タイ人が食っている店でタイ人と同じ飯を食わ
なくちゃ意味がないなんてことを考えていた。
辛さを洗い流すためにビールを飲み、一息ついてからまた飯を食う。

俺が飯を食っているそばで店の女が唐辛子ソースを作り始めた。
ボウルに唐辛子をどさっと入れてナンプラを加える。
店で使うのだから、あのくらい作らなくてはダメだろう。
それにしても大量な唐辛子を使うものだと思いながら女の動作を
見ていた。更にレモンや調味料などを加えていた。
そして唐辛子ソースの味見をして、ちょっと首をかしげる。
また何かを加えて味見をした。納得できる味になったのだろう。
首を縦にふって作業を終えた。
俺はその時、感動に近い驚きで彼女の動作を見ていた。
「あんなに唐辛子を入れた辛い味なのに、その中で細かな味の違い
を見分けることができる。俺だったなら、辛さで舌が痺れて味は分か
らない。たいしたもんだ」

「唐辛子ソースがないわ。サミイ、作ってよ」とヌチャナートが言った。
俺は見よう見真似で覚えた唐辛子ソースを作った。
唐辛子、ナンプラ他の調味料を加えて味見をして味を調えた。
その時、昔バンコックで見た屋台の光景を思い出した。
あの女はあんなに辛いソースの味見をして味の違いを見出していた。
俺は今、あの時の女と同じ事をやっている。
唐辛子ソースの味の違いを見て味を調整している自分の姿に驚いた。

2010/2/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

辛い料理それとも

P1130908pct13

またいつもの質問から食事が始まる。
「ねぇー、なに、食べたい?」
「うーん、鶏!」
「鶏をどうやって食べるの?」
「・・・・」
「トムチュートにする?辛いのがいい?」
最近、辛い料理をあまり食べていない。
「辛いのがいいな」
鶏肉で辛い料理ということが決まると、早速料理にとりかかる。
俺は炒める料理が出るものだと思っていたら、何やら煮物らしい。
鶏肉はほんの少ししかなかった。
砂肝は沢山あるので砂肝を加えている。
俺たちは砂肝なんてタレを漬けて焼くことしか知らない。
臓物をタイでは色々な料理に使う。
こんな使い方もするのだと出てきた料理を見て感心する。
香草がこれだけ入ると砂肝のモツ臭みが隠れてしまう。
スープはピリッとした辛味がある。
初めてこの料理を食べる人にはピリ辛どころの騒ぎではないかも
しれない。この辛さはタイ料理としては辛味が少ないと思う。
タイ人が辛いという料理は本当に辛くて手が出ない。

2010/2/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

アスパラと鶏の炒め物

P1130902pct13

この料理をタイ語では「パットノーマイファーラングサイガイ」と呼
ぶ。こんな長たらしい名前の料理を注文しようとすると、舌を噛ん
でしまう。名前は長いが材料はアスパラ、鶏、玉ネギの三点だけ
という簡単さだ。
こうやって炒めるとアスパラの緑が鮮やかに冴える。
味付は牡蠣油を主体にしたものだ。
辛味はないから、タイ料理が苦手という人でも食べられる。
料理の周りにある汁に旨味がある。
俺はこの汁を飯にかけて食べるのが好きだ。
最初のうちは汁を飯にかけて上品に食べていたが、そのうちにそれ
が面倒になった。飯を汁に入れたいという誘惑がある。
「そんな行儀の悪い食べ方をしてはいけない」と自制した。
とうとう誘惑に負けてご飯を汁の中に入れた。
見かけは悪くなるけど、美味さは抜群だ。

2010/2/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

食物と健康広告2160

今日も広告の中から、これを食うと健康になるという食い物を探す。
食い物の中には薬効成分も含まれているから、身体によいものも
ある。その逆に良いからということで摂り過ぎると悪い結果になる。
俺は何を食うと何によいという話を流行学としてみている。
例えば今は話題にもならない紅茶茸なんてものもあった。
朝バナナダイエットなんてものも一時は流行ったな。
昔から何に効くといわれている食い物は繰り返し広告にでるかも
しれない。そのような食い物は本当に効き目があると見てよいか
も?中には迷信のようなものもあるかもしれない。
でも広告では「医者もビックリ!」なんて書いてあるから信じちゃう
よね。長い目で食い物と健康の関係の広告を見ていこう。
きっと何か発見があると思う。

「健康365」誌 2010年04月号 ㈱エイチアンドアイ
頻尿が止まった!
尿もれも改善した!
「朝鮮ニンジンの果実」で頻尿・尿もれが
数日で改善し朝まで熟睡できた!
安心して外出できた!
●前立腺肥大による昼夜の頻尿・残尿感が改善し薬も不要
●前立腺手術後に再発した頻尿が軽快し仕事や就寝中も安心
●更年期のつらい頻尿・尿もれが軽快し買い物・布団干しもOK
●背伸びするだけで尿がもれたが止まり仕事やゴルフも快適

遺伝性・高血圧でも安心「シルク微粉末」で男性は大幅 女性は大半
が数ヵ月で毛が生えた黒くなった。
●シルク微粉末は毛根に直接届いて吸収の働きを高め男性は大幅
に発毛を実感
●シルク微粉末は更年期・減量中の女性の薄毛に有効で太く硬く
増毛し改善率は高い
●職場のストレスで抜け毛が増え頭皮が見えたがシルク微粉末で
止まり黒髪が復活
●抗ガン剤終了後も増えない黒髪がシルク微粉末で増えて太くなり
かつらは不要
●遺伝とあきらめた頭頂部の薄毛がシルク微粉末で黒髪が増え
白髪も減りはじめた
●更年期で急に増えた抜け毛がシルク微粉末で止まり黒髪が密生
して白髪も減った

ガン早期発見!
大反響の新療法で改善
◆免疫力を高めガンを改善すると学会で発表し
医師も実感!成分4倍の「ハナビラタケ増強食」
●ハナビラタケのガン改善力を高める力が強く動物に試したら
短期間でガンが改善
●ハナビラタケは人にも効果を示し抗ガン作用が高い増強食で
ガンが軽快し転移なし
●手術を断りハナビラタケ増強食を飲んだら胃ガンが短期間で
改善しほどなく軽快
●ハナビラタケ増強食で副作用が軽快し抗ガン剤をやめたが
肝ガンは短期間で改善
●手術が困難な肝臓ガンがハナビラタケ増強食で改善して半年
で回復し再発もなし
●肺に転移した乳ガンが八ナビラタケ増強食で改善し薬の苦痛
もなく医師が驚いた

「わかさ」誌 2010年04月号 わかさ出版
冬は寒さで筋肉が畏縮して腰痛が悪化し解消の秘策は
入浴ストレッチとポカポカ食ショウガ

「ゆほびか」誌 2010年04月号 マキノ出版
1分チン!感動の快便!ガス便も解消!
11Kg 9Kgやせてウエスト12Cm縮小!
免疫力アップで花粉症にも効果大!
「レンジdeヨーグルト」ダイエット

「壮快」誌 2010年04月号 マイヘルス社・マキノ出版
毒出し効果大<蒸し黒豆>で51キロ19キロ18キロ速やせた
メタボ腹二重あごが解消しパッチリ二重

代謝がアップ<湯豆腐>で40キロ30キロ20キロ楽やせた
ひざ痛夜間頻尿が解消!高血圧も正常化

「魔女達の22時」で注目
顔が30歳若返った!!
シミ、、シワ イボが消失
<黒バナナ美容液>

2010/02/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

トムカーガイ

P1130894pct13

どうやらタイ人は酸っぱい味を嫌うらしい。
酸っぱい青いマンゴーとか葡萄の未熟果を食べるのに酸っぱい味
を嫌がるのが不思議だ。
オレンジやパイナップルがちょっと酸っぱいと「ああ酸っぱい!」と
言う。この種の果物には酸味があるのが普通なんだと思うのだが、
タイ人には酸っぱすぎるようだ。

このトムカーガイにも酸味がある。料理が熱いと酸味は強く感じる。
ヌチャナートは酸っぱすぎないか心配している。
この程度の酸味なら酸っぱいうちに入らない。
俺にはちょうど良い酸味だ。
ココナッツの脂に混ざってちょうど良い味になっている。

2010/2/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »