« 青いニンニク | トップページ | 間に合わせ料理 »

2011年2月11日 (金)

パッカパオのはずが

俺はなんとなくパッカパオが食いたかった。あの香りと辛味が好き
なんだ。でも作っている時の刺激臭は格別だ。
俺が「パッカパオを」と言ったのに、「パッカパオはなんだかんだ」
と言う。
「美味しいキャベツがあるわよ」
俺も野菜をもっと食わなくてはいけないとは思っている。
こっちの返事も待たずに、勝手にキャベツを取り出して料理を作
り始めた。こんな料理が出てきた。

P1170727pct13

タイのキャベツ炒めと言うところかな。
「野菜ばっかりで、肉は少ないわよ」
それでいいのだと俺は思っていた。ナムプリックを加えながら食
べている。キャベツの芯を取らずに炒めている。
固い芯の部分は後からゆっくりよく噛んで食べるために皿の横
に集めておいた。
「あら、そこを食べないの?タイ人はそこが好きなのよ」
好みの差があるようだ。
芯の部分は固いが甘味があるのでタイ人は好むのかな?

2011/2/7

|

« 青いニンニク | トップページ | 間に合わせ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/38822546

この記事へのトラックバック一覧です: パッカパオのはずが:

« 青いニンニク | トップページ | 間に合わせ料理 »