« 不味いタイ料理の話 | トップページ | 鶏フライの盛付 »

2011年3月20日 (日)

ゲンノーマイ 筍カレー

P1170948pct13

新鮮な筍が出回っている。筍が好きなヌチャナートはさっそく手に
取った。
「美味しそうね」そんなことを言いながら筍を買った。

鶏ガラがあった。
「これでスープをとると美味しいのよ」
俺はタイでよく見かける鶏ガラの唐揚を想像していた。
鶏ガラには肉なんてないように見えるが、けっこうついている。
ガラを唐揚にすると軟骨部分がコリコリして美味しい。
油が多いし、こりこり噛んでいるから鶏ガラを一個食うと満腹感
も得られる。俺の好きなタイのB級グルメだ。
「ねぇー、鶏ガラを買う?」
俺の想像は破られ現実に戻された。
「ああ、そうだね」

筍の皮を嬉しそうに剥いている。
新鮮な筍の青臭いにおいがする。俺はこのにおいが好きだ。
鶏ガラを出刃包丁で叩き切っている。
これで出汁をとったならガラを捨てるのかと思った。
「ヤナンがないけどいいわ」ぶつぶつ言っている。
最近は、近所でタイの食材の多くが手に入るがヤナンは売ってな
い。

鶏ガラは出汁をとったら捨てるのかと思ったら、捨てないで出して
きた。
「ガラも食べるのかい?」
「そうよ。タイ人は好きよ。歯のいい人は喜んで食べるわ。」
骨の周りの軟骨を齧るのは楽しい。

大地震で食べ物がない人もいる。食べられる鶏ガラを捨てるな
んて勿体無い。なんでも食べてしまうタイ人はえらいな。

2011/3/18

|

« 不味いタイ料理の話 | トップページ | 鶏フライの盛付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不味いタイ料理の話 | トップページ | 鶏フライの盛付 »