« カオパットガピ | トップページ | 外国人を知る店で »

2011年3月16日 (水)

生姜焼タイ版

P1170910pct13

生姜焼きと日本で言えば、豚肉の薄切りを生姜で炒めたものを言う。
この料理の名前を聞くと、「生姜入り鶏肉の炒め物」ということだそ
うだ。簡単に言えば鶏肉の生姜焼ってとこかな。鶏肉の生姜焼が
あったって別におかしくない。
「うーん、生姜のいい香りがするわ。食べて御覧なさいよ」
たしかに生姜の香りが強く出ている。
日本で言う生姜焼きは醤油味だが、これはナンプラ味だからタイ
版の生姜焼きだ。

生姜焼きと言われて、この写真を見て何か違和感を感じる人がい
るかな?俺も出された時、違和感を感じた。
なんで違和感を感じるのか考えたら、盛り付けた器にあった。
俺達の生姜焼きは皿に盛るのが普通だが、この料理は丼に盛っ
てある。丼だから、鶏肉からでた汁が丼の底に溜まっている。
皿に盛った場合は汁が皿全体に広がるのでこんなに汁がでてい
るなんて気づかない。
なんだか焼き物ではなくて煮物料理のように見えてしまう。
家庭料理だから器とか盛り付けなんて気にしないのがタイ人な
のかな。

問題は味付けだ。生姜の香りと、唐辛子の辛味がちょうどいい。
食事の前につまみ食いをしちゃったため、あまり食欲が沸かな
かった。ちょっと食い始めると、辛味に刺激されてどんどん食っ
てしまう。食いすぎ、肥満、メタボ・・・・危険を感じて食べるのを
止めようとした。
「あら、それだけ残してもしょうがないわ。全部食べちゃってよ!」
俺はメタボを気にするのだが、主婦は旦那の健康よりも残り物を
気にする。

2011/3/10

|

« カオパットガピ | トップページ | 外国人を知る店で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/39252244

この記事へのトラックバック一覧です: 生姜焼タイ版:

« カオパットガピ | トップページ | 外国人を知る店で »