« カステラとタイ人 | トップページ | 不味いタイ料理の話 »

2011年3月19日 (土)

お握りの評価

P1170937pct13

こんなお握りがあった。梅干とか昆布のお握りは安いが、マス寿
司、鮭寿司のお握りは高い。
俺達には安いお握りか、高い物かすぐに区別がつく。
お握りなんてあまり食べないヌチャナートには魚があるお握りと魚
がないお握りという区別しかできない。その魚が手をかけた寿司
だなんて思っていない。「すし」と表示されているが、読んでいない
か読めない。
ちょっと食べて「これはまずい」と言う。
なんでかなと思っていたら、「このご飯、酸っぱいのよ」と言う。
寿司だから飯は当然酸っぱい。ヌチャナートが期待していた、あ
るいは想像していた味と違ったのだろう。
これはタイ人の個人的評価であって、この写真の商品が不味
い、粗悪品ということではないことを強調しておく。
日本人には美味い、高級な食品でもタイ人から見ると高くて不味
い食品になってしまうのが面白い。

2011/3/17

|

« カステラとタイ人 | トップページ | 不味いタイ料理の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/39284372

この記事へのトラックバック一覧です: お握りの評価:

« カステラとタイ人 | トップページ | 不味いタイ料理の話 »